震える!「クロコダイル上司」の実態と対策

「私が若い頃は…」の叱責にどうすべきか

あなたも職場で苦しめられていませんか?(イラスト:ずんずん)
会社がつらい、辞めたい……。そう思う人は、仕事そのものというより、職場の人間関係で行き詰まっていることも多いかもしれません。自分自身に原因があるとは限りません。会社のあちこちに生息する「困ったおじさん、おばさん」に追い詰められていることも。
そんな恐るべき現場を数多く見てきたのが、元外資系OLでコラムニストのずんずんさん。この連載では、そんな彼らの生態を解き明かし、対策も考えていきます。

若い頃に見た「レオパード」おばさま

こんにちは!ずんずんです。寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

こんな寒い毎日なのに、さらにオフィスに困ったおじさんやおばさんがいると体だけじゃなく心まで冷えてしまいますよね。

ずんずんさんによる新連載。この連載の一覧はこちら

冬の寒い日になると、外資系投資銀行に勤めていた時、いつもヒョウ柄の毛皮を着て出社してきたおばさまのことを思い出します。あの毛皮は本物だったのか……。

今でも謎ではありますが、とりあえずそのおばさまのあだ名が、

レオパード

だったことは今でも忘れません。

ちなみにレオパードってヒョウって意味ですから。ここTOEICに出ますから。

さてはて、このレオパードおばさんではありませんが、会社で長年生き残ってきたおばさまにはなんとな~くキャラの濃い方が結構いらっしゃいますよね。

男女雇用機会均等法ができた時代からバブル、平成と駆け抜けた歴戦の勇者です。さらに管理職にまで上りつめる人となると、到底、一筋縄ではいきません。中には、とてつもなく強い方もいるんです……。その苛烈さから、社員だけでなく社長にまで恐れられている、そんなおばさんがオフィスにいませんか?

あなたが恐れているそのおばさん……もしかしたら「“私が若い頃は”おばさん」かもしれません。本日は、困ったおじさん、おばさんエントリーナンバー4「“私が若い頃は”おばさん」をご紹介したいと思います。

次ページクロコダイルのような鋭い視線…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。