就職先にケチをつける親の根拠は正しいか?

大手なのに「金貸しじゃない!」と叫ぶ母

親とわざわざ衝突してまで解決に乗り出すべき?(写真:よっし / PIXTA)

※ずんずんさんへのお悩み相談は こちらから。

【ご相談】
初めまして、ずんずんさん
いつも更新楽しみにしております。
相談というのが親との関係性についてです。現在、大学4年、在学中にやりたいことが見つからず、なんとなくで就職活動を行っておりましたが無事内定をもらうことができました。内定先は大手金融会社。給料もそこそこよく、結構名も通っていたため親にはルンルン気分で報告の電話をかけました。しかし親の態度は想像とは真逆で、「なにそれ金貸しじゃない!」でした。
その後、10日に1回はLINEや電話で就活の近況を知りたがり、挙句の果てには公務員になれだの、旅費が浮くからANAかJTBに就職しろだと言ってくる始末です。もうこれは「私のやりたいことが決まってないからと言って、あなたの夢を押しつけないでほしい」ときちんと話し合うべきなのでしょうか。それとも適当にお茶を濁しつつ「そんなこと言ってももう就職しちゃった~☆」と卒業まではぐらかすべきでしょうか。
これが永遠に続く問題ならすぐに電話をかけて文句を言うのですが、卒業まで耐えれば母も就職について言ってくることはなくなります。そう考えるとわざわざ衝突してまで解決に乗り出すべきが迷っております。
とても個人的な悩みですが、ずんずんさんの知恵をお借りできればと思っております。どうかアドバイスよろしくお願い致します。

就職先にケチをつけてくる親

外資系OLずんずんさんの新連載です!連載の一覧はこちら

新卒で大手金融会社に就職だと!?

なにそれ! 憎い!!!

そんな人生を歩みたかった私です。

それはさておき、内定おめでとうございます。就活に成功した若者をそねみから積極的につぶしていきたい、そんな時期が私にありましたがその季節はもう卒業しました。

次ページなぜ文句を言ってくるのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT