定年後におカネを結集させる本気の「戦略」

ゆるふわ思考は捨てて、現実策へ移行しよう

もう1人子供が欲しいと考えていますが、年齢的に悩んでいます(写真 :zon / PIXTA)

※ずんずんさんへのお悩み相談は こちらから。

【相談】
東洋経済オンラインの読者の中では、ぶっちぎりでド底辺であろう年収260万ゆるふわアラフォーです。お前なんでずんずんさんの記事読んでるの? 必要なくね?と言うエリート読者様の失笑を買ってでも、相談したいことがございます。
当方都内在住40歳、夫は58歳の18歳差で、4歳になる娘がおります。夫はバツイチで、私たちの娘とは別に、成人済みの2人の子有りです。
私はもうひとり子供が欲しいのです。が、当然ながら60近くなって国立大卒税込年収1000万程度の(程度とか書いてますが、専門卒の私からすれば夫も十分エリートです)サラリーマンがイチから子を養うというのはハイリスクであります。しかも私は低年収。今は違う業種に就いておりますが、元々は漫画好きのオタクで制作職に就いていた私。コンテンツ制作で生計を立てたいという欲がいまだあります。夫が定年後の嘱託勤務も終え年金生活になっても、夫と2人の子を養えるような力を付けたい。
と、常々考えてはいるのですが、チキンハートなので「やっぱり子供はひとりでいいかな……生活大変すぎるかな」「教育費にある程度かけたい」などと尻込みしてしまいます。40なのに次の子妊娠したいとか夢見過ぎなんだよ!という声もあるでしょう。しかし絶対第2子を!と決めたならば不妊治療もする覚悟です。1人目も治療でできた子ですから。
ずんずんさんならどのような道を取りますか? おカネの大切さが身にしみていて、荒波を乗り越えてきたずんずんさんに、ぜひご意見を伺いたいです。どうぞよろしくお願い申し上げます!

プロ独女ですが、がんばって助言します

外資系OLずんずんさんの新連載です!連載の一覧はこちら

こんにちは!

先日、兄と母に「ずんこ(仮)に結婚は無理でしょう」と断定された私にこんな質問がくるなんて……!ありがとうございます。

ある意味、独身であることに家族からの全肯定を受けてしまった私ですが、頑張って回答させていただきたいと思います(嗚咽)

しかし、私もこんなプロ独女(※プロの独身女性)でありますから、結婚生活や子育てといった引き出しがありません。なのでここはまずは名著の力を借りたいと思います。

次ページ「のび太の結婚前夜」に学ぶ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。