「ギリギリまで粘れ」という人の誤った達成感

霊感が降りてくるのを待つというムダ

粘ったらインスピレーションが降りてくる!?(イラスト:ずんずん)
会社がつらい、辞めたい……。そう思う人は、仕事そのものというより、職場の人間関係で行き詰まっていることも多いかもしれません。自分自身に原因があるとは限りません。会社のあちこちに生息する「困ったおじさん、おばさん」に追い詰められていることも。
そんな恐るべき現場を数多く見てきたのが、元外資系OLでコラムニストのずんずんさん。この連載では、そんな彼らの生態を解き明かし、対策も考えていきます。

こんにちは! ずんずんです。

ずんずんさんによる新連載。この連載の一覧はこちら

働き方改革がますます進んでいく昨今、みなさまいかがお過ごしでしょうか。え? うちの会社には関係ない?

そうおっしゃりたい方もいらっしゃるかと思います。でも、私は経団連会長もたぶん知らないことを知っています……。給料や福利厚生はもちろん大切です。でも、それよりも、

みんな、早く帰りたいんですよ……。

帰りたいけど、帰れない……こんな現象はもちろん仕事あるあるの一つですが、帰れない理由の一つに、「かためないおじさん」の存在があるかもしれません。

本日のおじさんは、エントリーナンバー9「かためないおじさん」です。

「かためないおじさん」とは?

かためないおじさんとは、その名の通り、企画をギリギリまでかためないおじさんのことです。クリエイティブや企画職などによく生息するこのおじさんは、いつも締め切り日の直前、深夜12時をすぎても企画をかためません。

おじさんはおじさんのこだわりがあるのかもしれませんが、部下のほうはたまったものではありません。

なぜ、おじさんはそんなにギリギリまでかためないのか……。

彼の下で働く木村さんもそんなかためないおじさんに頭を悩ませていました。

次ページ木村さんの上司はどんな人?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。