「ギリギリまで粘れ」という人の誤った達成感

霊感が降りてくるのを待つというムダ

キチンとタスク管理を行って、クオリティの高いものを出してこそ、お客さんのためになるのです。上司に霊感が降りてくるのを待っている場合ではありません。

こんなことに付き合っていられないと思った木村さんは、最初のうちは自分の分の仕事が終わったら自分だけ帰ってみることにしました。

しかしながら、すぐに木村さんは罪悪感で行き詰まります。同僚が頑張っているのに、自分だけ帰るのは忍びない……。そう思った木村さんはすぐに自分だけ帰るのをやめました。

木村さんは考えました。周りの人が帰らないから自分もつらくなってしまうのです。

周りの人も帰れる状況にしなければ……!

そう思い立った木村さんは、上司と毎週1回、15分の進捗管理の軽い打ち合わせするようにしたのです。木村さんだけでなく、木村さんのチームメンバーもそれを倣うようにしました。

チーム全体でタスク管理を行う

すると、いつも仕事が滞ってしまうのは上司が判断を下したり、処理する部分であることが、見える形で明らかになってきました。

こうなってくると、チーム全体に、上司のタスク管理ができていないことが共有され、みんながみんな上司の仕事の遅れをせっつくようになったのです。

こうなってくると、上司もインスピレーションを待っている場合ではありません。粛々と業務をこなすしかなくなってきました。

つまりはチーム全体で上司のタスク管理を行うことにしたのです。

上司がタスク管理ぐらいできなくてどうする!とお思いになられる方もいらっしゃるかもしれませんが、上司だって人の子です。できないところをカバーするのが部下の務めです。

その代わりに、上司には上司の得意なところを担当してもらえばいいのです。そうすれば、上司と部下をあわせたチームとしてより高い効率化が図れるようになるのです。

このような形で上司のタスク管理を始めた木村さんのチームはほどなくして、徹夜を避けられるようになってきました。それでもまだまだ定時で帰れる日は少ないのですが、定時で帰れる日に上司に飲みに誘われても、すっと忍者のように姿を消すことを、木村さんは最近練習しているとのことです。

といったところで今日は失礼します☆

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。