「ギリギリまで粘れ」という人の誤った達成感

霊感が降りてくるのを待つというムダ

木村さんは32歳、日系部品メーカーで営業企画の仕事をしています。自社の商品を卸先となるメーカーさんの要望に沿った形で、デザイナーさんや技術者さんと協同して提案していくのが木村さんの仕事です。

提案の際には必ずコンペがあるのですが、このコンペの内容をどうするのかを木村さんの上司である川口さんはギリギリまでかためないのです……。

そのため、締め切り前日はいつも徹夜になってしまいます。時として、土日も出勤になってしまい木村さんはたまったものではありません。

企画は粘らなきゃだめ!?

なぜ、上司は企画を最後までかためないのか……。そう、上司は、

粘れば今より良い最高のものができるはず……!

と信じていたのです。

とはいえ、上司は前もって何か準備をしているわけではありません。上司が動きだすのはいつも直前です。

なぜ直前に動き出すかと言えば、霊感が降りてくるのを待っているからです……。何かすごいインスピレーションが降りてきて、企画をより良くしてくれると信じているのです。

そのため、上司は常々、

「企画は粘らなきゃだめだ!」

と部下に伝えていました。

しかし、部下の木村さんにすれば上司は、時間管理ができてないおじさんです。とはいえ、上司は上司なりに最高のものを作り上げようと頑張っています。

ここで「ギリギリまでやる必要ないんじゃないですか?」といったことを口に出してしまうと、質が低くてもいいと言っているように受け取られかねません。

それは、

負けを認めてしまっているも同然です。

そんな気持ちに木村さんは苛まれていました。

しかし、木村さんは上司の仕事の仕方を、

自己満足ではないか……?

という疑いの目も持っていました。なぜなら、上司は毎回徹夜をして無茶な仕事で、達成感を得ている状態……つまりはランナーズハイ状態ではないかと木村さんは考えていました。そんな疑似達成感のために、振り回されていたらたまったものではありません。

そもそもお客さんのためになりません。

次ページお客さんのためにもならない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング