注意!ハラスメント当事者になる人の問題点

新人・若手がパワハラ加害者になることも

次は、若手がやりそうなハラスメントについてみてみよう。まずはセクハラからだ。

セクハラは、「『職場』において行われる、『労働者』の意に反する『性的な言動』により就業環境が害されること」と規定されている。職場には出張先、顧客の自宅、取引先の事務所など、業務を遂行する全ての場が含まれ、労働者は正社員だけではなく、パートタイマー、契約社員といった非正規労働者、派遣労働者なども対象となる。

セクハラの対象となる言動(発言、行動)だが、「性的な行動」は、性的な関係を迫ったり、必要もないのに体を触ったり、強制わいせつ行為などをすること。どんな行動がセクハラに当たるのかは明快なので、うっかりセクハラ行為をしてしまったといったことは、まず、ないだろう。

判断が難しいのは「性的な発言」。性的な質問や、性的な話、しつこくデートに誘ったり、性的な噂を流したりすることなどが該当するが、具体的な発言を不快に思うかどうかは人によって異なる。

当事者の主観を重視しつつも、一定の客観性が必要なため、「平均的な労働者の感じ方」を基準として判断することとなるという。

相手が不快に思えばセクハラとなりうる

たとえば、Aさんと楽しく話した内容が、Bさんにとっては性的で不快な話に感じるかもしれない。もし、Bさんが不快に感じれば、セクハラ行為を犯したことになる可能性がある。

デートに誘うことについても、Cさんが好意を寄せているDさんが誘えば問題はないと判断されるかもしれないが、好みに合わないEさんが、断っているにもかかわらず、しつこく誘ってくればセクハラに該当する。

また、女性同士、男性同士でも、たとえば、新婚旅行から戻ってきた先輩に「初夜はどうでした?」とか、恋人ができた矢先に「彼(彼女)とどこまでいったんですか?」といった性的な話題をしつこく聞けば、一般的にそれはセクハラに該当する。

悪気はないけど、知らず知らずにセクハラを犯してしまった……。そんな失敗をしないためには、まず、「自分がされて、嫌なことは人にもしない」ことを意識するべきだろう。しかし、自分はされて平気でも、相手は嫌がっているケースがある。相手がどんな印象を受ける可能性があるのか、想像することが必要だろう。

セクハラになるかどうかのポイントはしつこさ。やんわり拒否の言葉が出たり、顔色が少し変わったり、不快な表情をしたら、セクハラと感じているサイン。即座に、そうした話題をストップした方がいい。

重要なのは、相手の気持ちを考えながら、丁寧にコミュニケーションを図ること。そうすれば、次第に相手が嫌がる話題、好む話題がわかってくるものだ。相手に気遣うことは、セクハラに限らず、社会人としての基本でもある。

次ページ部下が上司にパワハラするケースとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT