「いい子でいたい」女性が軽んじられるワケ

長年続けると「考えない人」になりかねない

言いたいことを言わずに我慢していると、何も考えない人になりかねません(写真:nonpii/PIXTA)
ベストセラー『女性の品格』から12年。坂東眞理子・昭和女子大学理事長がいま考える、人生100年時代を納得して生きるために必要な「女性の美学」とは? 大人の女性の3大場面、「職場」「家庭」「社会」それぞれの場で女性の直面する問題にどう対応するか、この連載ではつづっていただきます。

いい子でいたい女性たち

女性は幼い頃から「人と仲良くしなさい」「人から好かれなきゃ」「けんかしてはダメ、我慢しなさい」「人の嫌がることを言ってはいけません」と言われながら成長します。

この連載の一覧はこちら

 

自分の意見を主張すると嫌われる、目上の人の意見には素直に従い反論しない、自分の自慢をすると反感を持たれる、と心に刷り込まれます。

日本では女性だけでなく男性も周囲と波風を立てないように、周りと仲良く、と言われて育ちますが、女の子に対してはことのほか「いい子であるべし」という期待、圧力が強いのです。

最近の若い女性のなかには「ノー」という子が増えてはいますが、まだ少数派です。親には「いや」という子は多いのですが。他人には遠慮しています。

多くの女性は「いい子」でありたいと願うあまり、「○○するのはいやです」「それは違います」「できません」とはっきりノーと言うことが苦手です。

しかし働く女性は、いつでもだれからもどこでも好かれる「いい子」でいるのは不可能だと覚悟しなければなりません。自分自身に好みも意見も倫理観もなければすべて「イエス」と言えるかもしれませんが、それは自分にとっても不本意ですし、職場にとっても、周囲の人にとってもプラスにはなりません。

次ページ我慢して言うべきことを言わないと…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。