女性こそ「LGBT」の問題に関心を持つべき理由

「自分だけ大変」では世界は変わらない

女性こそLGBTなどの問題についてもっと知るべきです(写真:spfoto/iStock)
ベストセラー『女性の品格』から12年。坂東眞理子・昭和女子大学理事長がいま考える、人生100年時代を納得して生きるために必要な「女性の美学」とは? 大人の女性の3大場面、「職場」「家庭」「社会」それぞれの場で女性の直面する問題にどう対応するか、この連載ではつづっていただきます。

先日、国立お茶の水女子大学がトランスジェンダーの人の入学を認めるとして大きな話題になりました。世の中は女性と男性だけでなく、戸籍上は男性でも心は女性とか、その反対の人もいることは大分知られるようになってきました。

女性に恋する女性や、男性しか愛せない男性の存在は広く知られています。性的指向・性自認は多様だという事実を認め、そうした性的マイノリティの方々を受け入れる自治体、職場も少しずつ増えています。

この連載の一覧はこちら

 

自分からゲイであるとか、レズビアンであるとカミングアウトする人も出ています。テレビやマスコミではトランスジェンダーの人も活躍しています。そうしたマイノリティの人権を尊重し、差別しない、特別の目で見ないというルールが次第に職場にも受け入れられつつあります。

とはいえ、まだまだそうしたマイノリティに対して好奇の目を向ける人はあとをたちません。現代のマナーからいくと、自分からカミングアウトした人に対しては本人の性的嗜好・性自認を尊重するが、本人が隠しておきたいと思っている限り詮索したり、類推したりしないということです。具体的には「あの人ってホモじゃないかしら」「あの人、性転換した人みたいじゃない」などと仲間うちでうわさをしないことです。

日本は同一性志向が強い国

性的志向だけではなく、日本には外国の人や障がいを持った人への偏見を持つ人もたくさんいます。偏見だと自覚しないままに、“自分が考える普通”とは違う人に抵抗感を持ちがちです。子どもたちのいじめも、職場の差別も同根でしょう。「みんな一緒でなければならない」「みんな同じように行動しないのは変なヤツ」という同一性志向が強い社会であることが、原因の一つかもしれません。

マイノリティということでは、女性も多くの職場において、長い間苦しんできました。

男性と同じようには長時間労働できない、一緒に飲みに行かない、個性的な服装をする、口のきき方が違う、関心や話題が違う……などなど。自分たちと違うことに嫌悪感や違和感を持つ男性たちは、職場の仲間としてなかなか受け入れませんでした。

次ページ”無意識の偏見”に気づけるか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT