組織の掟を気にしない女性に教えたい「基本」

序列や肩書きを意識するのは「マナー」です

職場では肩書、地位に敬意を払い、敬語・丁寧語で応対すべきです(写真:プラナ/PIXTA)
ベストセラー『女性の品格』から12年。坂東眞理子・昭和女子大学理事長がいま考える、人生100年時代を納得して生きるために必要な「女性の美学」とは? 大人の女性の3大場面、「職場」「家庭」「社会」それぞれの場で女性の直面する問題にどう対応するか、この連載では綴っていただきます。

序列や肩書きにこだわらない女性たち

組織で働く人はピラミッド社会の住人です。組織の中で序列に従って生きています。

もちろんフリーランサーや自営業の人、一匹オオカミといわれる人たちは別の基準で行動していますが、多くのサラリーマンは肩書を気にし、肩書を尊重して生きています。個人の肩書だけでなく、企業間の序列にも敏感です。「どっちが上か、どっちが下か」初対面のときからジャブを出しながら相手との位置関係を測ろうとします。

この連載の一覧はこちら

 

それに比べて一般的に女性は、職場の序列にはこだわらない人が多いようです。あまり女性が昇進しなかった時代の名残かもしれませんが、勤続30年の主任の女性が、「部長の○○ちゃんは新入社員のときに私が仕事を教えてあげたの」など肩書と関係なく“権勢”をふるったりしています。

次ページ女性が一人前に扱われなかった時代の習慣
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。