会社組織とは「男vs男」の官能劇場である

上野千鶴子さんが語る「女の処世術」

上野千鶴子さんが語る「会社組織」とは?
日本を代表する社会学者であり、フェミニズムの牽引役でもある上野千鶴子氏。朝日新聞の人気連載「悩みのるつぼ」では学生から70代主婦など、年齢、属性の異なるさまざまな人の悩みに答えるなど、人生相談の名手としても知られる。
「相手のとどめを刺さず、もて遊びなさい」「立ちはだかる壁は、迂回せよ」など、過去の名言は数知れず。それらを収録した新著『上野千鶴子のサバイバル語録』刊行記念ブックトーク(朝日カルチャーセンター新宿)で語られた、上野先生の思いとは――。

相手にとどめを刺すのは、得策ではない

会社や組織で働いている女性ならば、理不尽な上司や、自分よりも権力を持つ男性などと、対決せざるをえない場面もありますよね。

私も今まで、さまざまな相手とけんかや論争をしてきました。そのときに使った方法が、相手にとどめを刺さず、もて遊べ、というものでした。

相手にとどめを刺すと、その組織の中であなたが嫌われものになりますから、それは得策ではない。コツは、相手を追いつめるのではなく、相手がアホに見えるように仕向けること。こんなことを伝授すると、性格悪い女だな、って思われそうですが(苦笑)。

勝負は、当人同士のバトルでは決着しません。それを遠巻きにして眺めている観客たちが、判定するんです。だから、必ずしも相手を説得しなくてもいい。

次ページ会社組織では、男が恋するのは男
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。