会社組織とは「男vs男」の官能劇場である

上野千鶴子さんが語る「女の処世術」

上野千鶴子さんが語る「会社組織」とは?
日本を代表する社会学者であり、フェミニズムの牽引役でもある上野千鶴子氏。朝日新聞の人気連載「悩みのるつぼ」では学生から70代主婦など、年齢、属性の異なるさまざまな人の悩みに答えるなど、人生相談の名手としても知られる。
「相手のとどめを刺さず、もて遊びなさい」「立ちはだかる壁は、迂回せよ」など、過去の名言は数知れず。それらを収録した新著『上野千鶴子のサバイバル語録』刊行記念ブックトーク(朝日カルチャーセンター新宿)で語られた、上野先生の思いとは――。

相手にとどめを刺すのは、得策ではない

会社や組織で働いている女性ならば、理不尽な上司や、自分よりも権力を持つ男性などと、対決せざるをえない場面もありますよね。

私も今まで、さまざまな相手とけんかや論争をしてきました。そのときに使った方法が、相手にとどめを刺さず、もて遊べ、というものでした。

相手にとどめを刺すと、その組織の中であなたが嫌われものになりますから、それは得策ではない。コツは、相手を追いつめるのではなく、相手がアホに見えるように仕向けること。こんなことを伝授すると、性格悪い女だな、って思われそうですが(苦笑)。

勝負は、当人同士のバトルでは決着しません。それを遠巻きにして眺めている観客たちが、判定するんです。だから、必ずしも相手を説得しなくてもいい。

次ページ会社組織では、男が恋するのは男
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT