会社組織とは「男vs男」の官能劇場である

上野千鶴子さんが語る「女の処世術」

上野千鶴子さんが語る「会社組織」とは?
日本を代表する社会学者であり、フェミニズムの牽引役でもある上野千鶴子氏。朝日新聞の人気連載「悩みのるつぼ」では学生から70代主婦など、年齢、属性の異なるさまざまな人の悩みに答えるなど、人生相談の名手としても知られる。
「相手のとどめを刺さず、もて遊びなさい」「立ちはだかる壁は、迂回せよ」など、過去の名言は数知れず。それらを収録した新著『上野千鶴子のサバイバル語録』刊行記念ブックトーク(朝日カルチャーセンター新宿)で語られた、上野先生の思いとは――。

相手にとどめを刺すのは、得策ではない

会社や組織で働いている女性ならば、理不尽な上司や、自分よりも権力を持つ男性などと、対決せざるをえない場面もありますよね。

私も今まで、さまざまな相手とけんかや論争をしてきました。そのときに使った方法が、相手にとどめを刺さず、もて遊べ、というものでした。

相手にとどめを刺すと、その組織の中であなたが嫌われものになりますから、それは得策ではない。コツは、相手を追いつめるのではなく、相手がアホに見えるように仕向けること。こんなことを伝授すると、性格悪い女だな、って思われそうですが(苦笑)。

勝負は、当人同士のバトルでは決着しません。それを遠巻きにして眺めている観客たちが、判定するんです。だから、必ずしも相手を説得しなくてもいい。

次ページ会社組織では、男が恋するのは男
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT