日本人女性の声は、なぜこうも「高音」なのか

地声を出さず、高音化に弾みがついている

日本人女性の声は世界で一番高かった(写真:iStock)
「いい声」の人の言葉にはなぜ説得力があるのか。『声のサイエンス』を書いた音・人・心 研究所理事 山﨑広子氏に詳しく聞いた。

 

──生涯で最も多く聞く「音」が自分の声なのですね。

意識されることは少ないが、それだけ絶大な力を実は秘めている。人の心を動かし、揺さぶり、自分自身の心身さえ変えていく力を持つ。声にその人のすべてが出てしまう。人間は声による奇跡の積み重ねで作られている。

──奇跡?

声は人間の脳と聴覚と発声の驚異的な連携の賜物だ。人間は、連携をほとんど無意識に行い、同時に他人の話まで聞くという離れ業を当たり前のようにやっている。

声帯は声を出す器官ではない

──新生児も6カ月を過ぎると声を発するようになります。

それも突然話せるようになったと思うかもしれないが、そうではない。それまでに膨大な音を聞き、脳の中で話すための音の回路を1年ぐらいかけて形成する。新生児が発音を楽しむような声を発するのは、それまでに聞いたすべての音を脳に蓄積しているからだ。

──声に専用の器官はないとも。

声帯が声を出す器官だと一般に思われているが、そうではない。声帯は気道に異物が入らないようにするための門のようなもの。発声には肺から出す呼気を利用するが、その強さを意識しているわけでもない。声帯が振動した原音は声ではない。ブーという小さい音なので、それが声になるためにはその上の部分の共鳴が必要で、声道をはじめ体のすべてが共鳴することになる。

舌にしても本来はしゃべるためのものではないし、唇も歯もそうではない。話すために声帯から出た音を言葉に応じた発音にして、言語世界を作り上げる。これは奇跡としかいいようがない。

次ページ声は社会によって作られる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT