やがて破綻を招く会話パターンに気づくコツ

イメージを共有できれば「行き違い」は防げる

ほんの一言で、トラブルが防げることはたくさんある(写真:kotoru/PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

自分本位の「当たり前」

Aさん「今度、日帰り温泉行こうよ」
​Bさん「いいね! 行こう!」

友人同士の会話ですが、意気投合したように見えて実は、2人の脳内には、まったく違うイメージが存在している可能性があります。

この連載の記事一覧はこちら

Aさんは、街中にあるスパ、Bさんは、日帰り圏内の温泉地をイメージしているとします。

しばらくして、Bさんがいい所を見つけたからと温泉地のパンフレットを見せたところ「えっ、そんなところまで行くの!?」「○○駅にあるスパのつもりだった」なんていうことはよくあることです。

たとえば、「マヨネーズ買ってきて」と言えば「キュー〇ー」しか思い浮かばない人もいれば、「味の○」を思い浮かべる人、ほかのメーカーを思い浮かべる人もいるでしょう。

次ページ「普通そうだよね?」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT