ノーベル物理学賞は米・仏・カナダの3氏へ

レーザー分野に画期的な進歩をもたらした

(イラスト:ノーベル財団のtwitterより)

【ストックホルム 10月2日 ロイター】2018年のノーベル物理学賞は、アメリカのArthur Ashkin氏、フランスのGerard Mourou氏、カナダのDonna Strickland氏の3氏に授与されることになった。授賞理由は「レーザー分野における画期的な進歩をもたらした」点にある。

スウェーデン王立科学アカデミーは900万スウェーデンクローネ(約100万ドル)を授与する。また、「高度な精密機器は、未踏の研究分野や多数の産業および医療用途を開拓している」と声明で述べた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。