ノーベル物理学賞は米・仏・カナダの3氏へ

レーザー分野に画期的な進歩をもたらした

(イラスト:ノーベル財団のtwitterより)

【ストックホルム 10月2日 ロイター】2018年のノーベル物理学賞は、アメリカのArthur Ashkin氏、フランスのGerard Mourou氏、カナダのDonna Strickland氏の3氏に授与されることになった。授賞理由は「レーザー分野における画期的な進歩をもたらした」点にある。

スウェーデン王立科学アカデミーは900万スウェーデンクローネ(約100万ドル)を授与する。また、「高度な精密機器は、未踏の研究分野や多数の産業および医療用途を開拓している」と声明で述べた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT