ノーベル物理学賞は米・仏・カナダの3氏へ

レーザー分野に画期的な進歩をもたらした

(イラスト:ノーベル財団のtwitterより)

【ストックホルム 10月2日 ロイター】2018年のノーベル物理学賞は、アメリカのArthur Ashkin氏、フランスのGerard Mourou氏、カナダのDonna Strickland氏の3氏に授与されることになった。授賞理由は「レーザー分野における画期的な進歩をもたらした」点にある。

スウェーデン王立科学アカデミーは900万スウェーデンクローネ(約100万ドル)を授与する。また、「高度な精密機器は、未踏の研究分野や多数の産業および医療用途を開拓している」と声明で述べた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT