ノーベル医学賞、アリソン氏と本庶氏が受賞

免疫システムを用いたがん療法で画期的手法

 10月1日、スウェーデンのカロリンスカ研究所は、今年のノーベル医学・生理学賞を、免疫システムを用いたがん療法で画期的手法を開発した米国のジェームズ・アリソン博士と京都大学の本庶佑・特別教授に授与すると発表。同研究所で撮影。提供写真(2018年 ロイター/TT News Agency/Fredrik Sandberg via REUTERS)

[ストックホルム 1日 ロイター] - スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、今年のノーベル医学・生理学賞を、免疫システムを用いたがん療法で画期的手法を開発した米テキサス大のジェームズ・アリソン教授と京都大学の本庶佑・特別教授に授与すると発表した。

日本人の同賞受賞は2016年の大隅良典氏に続く、2年ぶりの快挙。

「2人のノーベル賞受賞者の多大な発見は、がんとの闘いにおいて画期的な出来事だ」と同研究所は語った。2人には賞金900万スウェーデンクローナ(約1億1500万円)が授与される。

「大変名誉なことだと喜んでいる」と本庶氏は京都大学で同日行われた記者会見で語った。「このような賞をいただき、私は幸運な人間だと思っている。今後、免疫療法がこれまで以上にガン患者を救うように、私自身も研究を続けたいと思っている」

小野薬品工業と米製薬大手のブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)が共同開発したがん治療薬「オプジーボ」は、この画期的手法を生かしたもの。

小野薬は「この度のノーベル賞受賞には心よりお喜び申し上げます」と祝意を示した上で「発見された免疫制御分子PD―1から開発した抗PD―1抗体を抗がん剤として医薬品化した私たちの使命は、できる限り早く、より多くの患者に届けること。今後とも、その使命を全うすることに努めていきたい」とのコメントを発表した。

ノーベル賞は1日の医学・生理学賞を皮切りに、2日に物理学賞、3日に化学賞、5日に平和賞、8日に経済学賞が発表される。今年は文学賞の発表はない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。