ノーベル医学賞、アリソン氏と本庶氏が受賞

免疫システムを用いたがん療法で画期的手法

 10月1日、スウェーデンのカロリンスカ研究所は、今年のノーベル医学・生理学賞を、免疫システムを用いたがん療法で画期的手法を開発した米国のジェームズ・アリソン博士と京都大学の本庶佑・特別教授に授与すると発表。同研究所で撮影。提供写真(2018年 ロイター/TT News Agency/Fredrik Sandberg via REUTERS)

[ストックホルム 1日 ロイター] - スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、今年のノーベル医学・生理学賞を、免疫システムを用いたがん療法で画期的手法を開発した米テキサス大のジェームズ・アリソン教授と京都大学の本庶佑・特別教授に授与すると発表した。

日本人の同賞受賞は2016年の大隅良典氏に続く、2年ぶりの快挙。

「2人のノーベル賞受賞者の多大な発見は、がんとの闘いにおいて画期的な出来事だ」と同研究所は語った。2人には賞金900万スウェーデンクローナ(約1億1500万円)が授与される。

「大変名誉なことだと喜んでいる」と本庶氏は京都大学で同日行われた記者会見で語った。「このような賞をいただき、私は幸運な人間だと思っている。今後、免疫療法がこれまで以上にガン患者を救うように、私自身も研究を続けたいと思っている」

小野薬品工業と米製薬大手のブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)が共同開発したがん治療薬「オプジーボ」は、この画期的手法を生かしたもの。

小野薬は「この度のノーベル賞受賞には心よりお喜び申し上げます」と祝意を示した上で「発見された免疫制御分子PD―1から開発した抗PD―1抗体を抗がん剤として医薬品化した私たちの使命は、できる限り早く、より多くの患者に届けること。今後とも、その使命を全うすることに努めていきたい」とのコメントを発表した。

ノーベル賞は1日の医学・生理学賞を皮切りに、2日に物理学賞、3日に化学賞、5日に平和賞、8日に経済学賞が発表される。今年は文学賞の発表はない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。