「税金とタクシー」、2つの言葉の意外な関係

知って納得!金融英語の世界

「ネーム・バリュー(name value)」のvalue は通常「価値」という意味ですが、これはラテン語の動詞「valere(価値がある)」から出た言葉。この形容詞形、名詞形にequi-を接続したのが、「equivalent(同価値の)」、「equivalence(同価値)」です。さらに「声」を意味する vocal がつくと「equivocal(両方の意味にとれる、あいまいな)」という語になります。

タクシーと税金は何か関係がある?

Tax

taxは広く「税金」という意味で、「タックス・フリー(tax free)」や「タックス・ヘイブン(tax haven)」といった言葉も日本語化しています。動詞としても使われ、それが名詞化した語が「taxation(課税)」で、形容詞の「taxable(課税しうる)」も金融記事でよく見かけます。

つづりの類似から「taxi(タクシー)」は何か税金と関係があるのか、と思われた方はいたでしょうか。この言葉は「taximeter cab」の短縮形。つまり「税金を計算するメーター付きの車」というわけです。

さて、この tax という言葉はどこから来たのでしょうか。それはやはりラテン語に起源をもちtaxare という動詞から出てきたのですが、この taxare はさらにラテン語の重要な動詞 tangere という語に由来します。tangere は本来「触って評価する」というのが原義で、ここからダイレクトに英語化している語彙としては「tangible(触れられる、実在する)」があり、金融用語で「tangible assets」というと「土地や建物などの有形資産」のことです。

また、数学で学生のころ「サイン、コサイン、タンジェント」というのをやりませんでしたか。「tangent(タンジェント)」は「正接」とも言ったんでしたね。幾何では「接線」のことです。

「仕事、課題」を意味する「task」も tangere の仲間です。すなわち「触る→取り扱う→作業する」という意味の変化が起きたわけです。最近では「対策本部」のような意味で「タスク・フォース(task force)」という言葉もよく聞きます。

また、「触れる→味わう」と意味が広がってできたのが 「taste」です。ワインの「テイスティング(tasting)」などはもうすっかり日本語です。また音楽好きな人は「タクトを振る」という表現をご存じだと思いますが、これは「拍子」という意味のドイツ語「Takt」で、これも起源はラテン語のtangere にさかのぼります。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT