硬式野球を子供がやるならどの団体が良いか

ヤングリーグとポニーリーグの動向・後編

ポニーリーグの日米親善試合での集合写真(写真:ポニーリーグ)
7月21日配信の前編記事『「野球離れ」でも高まる少年硬式野球への期待』では主要な中学硬式野球4団体のうち、ボーイズリーグとリトルシニアを取り上げた。中学生の硬式野球選手数は近年ほとんど変わっていない。野球人口が減り「野球離れ」も叫ばれる中、硬式野球チームにかかわる選手や親の熱意は、ますます高まっているのだ。
そして中学硬式野球チームから高校の野球部へと進むルートも年々太くなっている印象だ。「野球離れ」の中で、高校野球の競技人口がさほど減っていない背景には、中学硬式野球の存在がある。後編である本記事ではヤングリーグとポニーリーグを取り上げる。

近年、実績が上がりつつあるヤングリーグ

【ヤングリーグ(全日本少年硬式野球連盟 本部:兵庫県尼崎市)】
・創設:1993年
・チーム数:200、部員数:5096人
・主なプロ野球選手:栗山巧(西武)、坂口智隆(近鉄、オリックス、ヤクルト)、上田剛史(ヤクルト)、山田哲人(ヤクルト)、福井優也(広島)、野村祐輔(広島)、西川遥輝(日本ハム)、野間峻祥(広島)、中村将吾(ロッテ)、大城卓三(巨人)

「元はボーイズリーグの兵庫県支部でした。26年前に10チームほどが独立してヤングリーグを作りました。基本的な教え方や試合のやり方はボーイズと同様です。

結成時は20チームでしたが、そこからずっとチーム数、選手数は増えています。小学生もいますが、それほど多くはありません。中学生がメインです。中学校の軟式野球の指導者が減少し、チームが減ったことで、ヤングリーグが受け皿になったと思います」

この連載の一覧はこちら

鯛島廣美事務局長は語る。兵庫県発祥だが、今では全国6つのブロック、19支部がある。

「うちの基本方針は、子どもたちを”野球好きにさせる”ことです。指導者は講習会でライセンスを取得しなければなりません。監督になるには、JABA(日本野球連盟)の講習、うちの独自の講習を受けて、3年間コーチとしてベンチ入りしなければなりません。

講習の内容はケガの予防から栄養学まで、多岐にわたります。講習の受講回数によって銅、銀、金のワッペンを配布します。指導者は他のリーグと比べてもしっかりしているのではないかと思います」

次ページ野球を楽しませることが大事
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT