「野球離れ」でも高まる少年硬式野球への期待

ボーイズリーグとリトルシニアの動向・前編

大阪にあるボーイズリーグの関西ブロック・大阪中央支部の松原ボーイズの練習風景(筆者撮影)

若年世代での「野球離れ」が進んでいることは、このコラムでたびたび紹介してきた。とりわけ顕著なのは、中学校の軟式野球だ。

日本中学校体育連盟(中体連)が公表しているデータでは、2017年の中学校の軟式野球部員数は、17.4万人、2008年には30.6万人だったから10年で43%もの減少だ。ポイントは2010年、この年から減少傾向が顕著になっている。

この連載の一覧はこちら

一方で、高校野球の競技人口はそれほど減っていない。高野連(日本高等学校野球連盟)が発表した2017年の高校硬式野球部員は16.1万人。2008年は16.9万人だから5%の減少だ。

中学軟式野球部員が激減しているのに、高校硬式野球部員が微減でとどまっているのはなぜか?

高野連は女子部員や試合のときだけの臨時の部員も競技人口に含めている。また部員数が9人を割った野球部も「連合チーム」を認めることによって存続させている。だから競技人口が減らないのだ、という指摘もある。確かにそういう一面もあるが、それだけではない。

高校野球を支えているのは活況の中学硬式野球

中学軟式野球部とは別組織の中学硬式野球チームが元気なのだ。今回、筆者は日本の主要な中学硬式野球4団体を取材し、独自に各連盟の選手数を集計した。2010年以降の中学の軟式野球と硬式野球の競技人口の推移をグラフにするとこうなる。

2010年に29万人いた中学軟式野球選手は、2017年には17.4万人と40%減少しているのに対し、硬式野球選手数は4.9万人から4.8万人とほとんど変わらない。それだけではなく、硬式野球チームにかかわる選手や親の熱意は近年ますます高まっている。中学硬式野球チームから高校の野球部へと進むルートは年々太くなっている印象だ。

「野球離れ」の中で、高校野球の競技人口がさほど減っていない背景には、活況を呈する中学硬式野球の存在があるのだ。

本記事では前編として4つの代表的な中学硬式野球団体(ボーイズリーグ・リトルシニア・ヤングリーグ・ポニーリーグ)のうち2つの団体を紹介する。後編については7月22日配信の記事でヤングリーグとポニーリーグをとりあげる。今後、我が子に野球をやらせたいという親御さんの1つの参考にしていただければと思う。

次ページプロ野球の流れをくむ「西のボーイズ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。