大阪北部地震、通信網を利用する際の注意点

落ち着くには要時間、今のうちに復習を

携帯電話各社は文章でメッセージを残せる伝言板サービスを提供している。NTTドコモ iモード災害用伝言板au災害用伝言板SoftBank災害用伝言板サービスと携帯電話事業者ごとにある。

スマートフォンであれば、前述のメッセンジャーアプリでも連絡が取りやすいだろうが、フィーチャーフォンであったり、メッセンジャーアプリを使いこなしていない相手が被災地にいる場合なども、各社通信メニューから利用できる。

さらにいくつかの震災を経て改良と活用が進んできているのが、GoogleパーソンファインダーFacebookの災害支援ハブだ。

首相官邸のアカウントはフォローするべき

また情報源としてはNHKをはじめとする大手報道機関の報道内容を見るだけでなく、首相官邸が災害・危機管理情報の発信専用に用いているTwitterアカウントをフォローすれば最新情報を得やすい。

また、建物の強度などに不安がある場合などは余震被害の可能性もあるため、Yahoo!JAPANがまとめている「Yahoo!避難所マップ」も参考にして欲しい。被災地以外の家族にとっても参考になるだろう。

今回は情報通信という面では熊本地震の時ほどの混乱は起きていないようだ。過去の地震の経験を活かし、早急に被災地の環境が安定することを願いたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT