大阪北部地震、通信網を利用する際の注意点

落ち着くには要時間、今のうちに復習を

地震直後の京都・二条駅の様子(写真:ロイター/共同)

6月18日の7時58分ごろに発生した大阪北部地震は、最大で震度6弱を記録する大きな揺れを記録した。

ライフラインに関しては、午前10時20分までに停電はすべて解消している。一部で水道管のトラブルも出ているが、大規模な断水は起きていないという。ガスに関しては、大阪の高槻市、茨木市で安全装置が働き供給が遮断されているものの、大きな混乱は生じていないと報道されている。

しかし、断続的に余震が続いている。今後、火災の発生や余震による被害の拡大といった可能性もあり、気を抜けない状況だ。そこで本記事では2016年の熊本地震の際に注目を浴びた「安否確認」に関して、"通信網の使い方"という観点で今一度、復習をしておきたい。

熊本地震の教訓を活かした?

震度7を記録し大きな被害をもたらした熊本地震の際には、スマートフォン向け無料通話サービスを提供している企業(LINEおよび楽天Viber)が、電話回線へと接続する機能を無償解放。それにより、通話回線の輻輳が助長されるという問題が起きた

東日本大震災をはじめ、熊本地震などでも音声回線がつながりにくい状況が発生し、繰り返し「緊急時以外には使わないよう」に、通信会社からの情報発信があった。固定回線、携帯電話回線ともに、接続できる数に上限があるためだ。

今回はLINEやViberの外部回線への接続無料化などのアナウンスは出ていない。前回の教訓を活かしたということだろうが、無料化されていないとうだけで、電話回線への発信を行えば同じ事が起きる。

次ページなるべくデータ通信で連絡を取り合うべき
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。