話題の「フィリピン英語」でペラペラになる!

【第1回】世界中で採用される、驚異の4倍速英会話学習法

単なる概念ではなく、実際にそういうメカニズムなのだ。だからこそ、英語のスピーキング力を伸ばすためには、声に出してたくさん英語を話すことが不可欠なのである。

水泳のハウツー本をいくら読んでも、ピアノの弾き方のCDを食い入るように見ても、いきなりカナヅチさんが泳げるようになったり、弾けなかったピアノが弾けるようになったりすることはない。

泳げるようになりたければ、本を捨てて水に飛び込むことだ。ピアノがうまくなりたいなら、名人の演奏を聞いて耳を肥やすだけでなく、プラクティスを怠らないことだ。それ以外に道はない。

英語もまったく同じで、話せるようになりたいのなら、英語を話すためのメカニズムに基づいたプラクティスがたいへん重要だ。今から50年も前に、そこに着目して生まれたのがカラン・メソッドだった。次回はその内容について、さらに掘り下げて紹介していこう。(カラン・メソッド「英語反射力」を鍛える奇跡の学習法」は10月25日(金)発売です!)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT