日本人の英語習得、二重のハンディキャップ

「効率的」な教育ではカバーできない部分と、言語としての「遠さ」

"Summer"が、日本語の「夏」と同じ意味とは限らない

著者撮影:ジョギングコースにある美しいCasa Loma

読者の皆様、前回の掲載から一月以上が経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか。今年の日本の暑さは例年にも増して厳しいとのことで、皆様におかれましては、くれぐれもご自愛ください。

こちらトロントでは、緯度の高さが理由で日差しは強いのですが、普段の最高気温は30度ほど。オンタリオ湖に接しているためでしょうか、日によって少し蒸す日もありますが、これに文句など言おうものなら、日本にいらっしゃる皆様からはお叱りを受けることでしょう。

さて、「夏」で思い出すのが、評論家として知られ、2008年にご逝去された故加藤周一氏の言葉です(出所は『加藤周一セレクション〈1〉科学の方法と文学の擁護』平凡社ライブラリー)。

英語で、たとえばシェイクスピアの『ソネット』(Sonnets, XVIII)に出てくるsummer、これは夏と訳すほかなく、ちょっと春とは訳せないでしょう。春という別の英語があるわけだから。しかし、英国の夏は 普通気持ちのよい季節です。英国の詩人は、夏が終わるのが残念だという。ところが、日本の夏は、・・・(中略)・・・むし暑くて辛い時期でしょう。・・・ (中略)・・・短くて困るということはないわけです。しかし、英国詩を訳せば、summerはどうしても夏とするほかはない。要するにある文化のなかで もっている夏の意味は、日本での夏の意味とは同じではない。翻訳することが困難だというのはそういうことです。

 また、加藤氏は、次のようにも述べています。

「一ヵ国語による表現には、他の国の言葉に訳せる部分と、訳せない部分がある。訳せない部分は、人情の機微につながり、ものの考え方の特殊な習慣に係り、つまるところその言葉による文化の総体に関連している。」(『加藤周一著作集 (15)上野毛雑文』平凡社)

ということで、前口上よろしく、今回は、読者の皆さんも少なからずご関心があると思われる「英語」について、最近私が考えたことについて(いつものように取り留めもなくですが)述べてみることにしましょう。

次ページトロント交響楽団のコンサート会場で見えたもの
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。