英語より「問答力」!元外資系パパの教育哲学

習い事漬けの子どもでいいの?

将来、子どもに苦労をさせたくないというのが、万国共通する親心。では、グローバル化する社会で強く生き抜くには?この問いに答えられる親がどれだけいるだろうか。
そのヒントがあるとしたら、グローバルにキャリアを積む親たちの子育ての中だろう。いったい彼らは家庭において、どんな子育て、教育をしているのか。
この連載では、ジャーナリストや外交官、また専業主婦など多様な経歴のママたちで結成された「グローバル・ママ・ネットワーク(GMN)」のメンバーたちが、”強く生き抜くための”グローバル教育の最前線を取材する。
堀内浩二(ほりうち・こうじ)
1967年生まれ。株式会社アーキット代表、グロービス・マネジメント・スクール講師。「個が立つ社会」をキーワードに、個人の意志決定力を強化する研修・教育事業、情報発信に取り組む。運営するサイト「起-動線」「*ListFreak(リストフリーク)」は、コアなファンも多い。著書に『リストのチカラ』(ゴマブックス)、『クリエイティブ・チョイス』(日本実業出版社)など。家族は、妻と私立中高一貫校に通う高校1年生の長女、公立中学校に通う中学2年生の長男。今年は、長女の通う高校でPTA役員を務めている。

「君のその言葉は、『真実か?』『必要か?』『思いやりがあるか?』」――。

中学生の息子とこうした“禅問答”をするなど、「考えること」に重点を置いたユニークな家庭教育をするパパがいる。現在、東京近郊の海辺の街で自身の会社を経営する堀内浩二さんだ。

一見、“古風”にも見える堀内家の教育だが、実は堀内さんがつねに意識しているのは「世界」だ。

堀内さんは20代の頃、外資系企業のコンサルタントとして活躍。その会社でシリコンバレー赴任を経験した後、今度はソフトバンクと米国企業の合弁で設立されたベンチャー企業の立ち上げに、ITおよび経営企画の責任者としてかかわった。その会社が解散した後、現在の会社を設立……。そのダイナミックなキャリア人生の中で、堀内さんが思い至った教育方針のひとつが、冒頭のような「考えること」だったという。

次ページ独立して気づいた、決定的に重要なこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。