英語より「問答力」!元外資系パパの教育哲学

習い事漬けの子どもでいいの?

学校を卒業して、就職した会社に一生勤めることが唯一の仕事道だった時代は終わった。私たちは今、「安定」という名の堅固な土俵が崩れてきている状況に遭遇している。

「むしろ、自分の勝てそうなところの周りに自ら“土俵”を築いて生きている人たちのほうが、成功しているように思えます。これからの時代は、堅固な土俵をいかに自分で作れるかという『自分との戦い』になってくるのではないでしょうか」

安定した土俵というのは幻想だということ。ある程度の不安感を抱えながら、トライ・アンド・エラーを繰り返して自ら土俵を作っていくのが自然なこと。私たち親世代が心すべきは、他人との競争に子どもを駆り立てることではない。むしろ、健全な不安感と向き合う「不安のマネジメント」を子どもに覚悟させる胆力が求められるのではないだろうか。

最後に、「堀内さんにとって家庭とは?」と水を向けてみると、こんな答えが返って来た。

「家庭は、ホーム&アウェイで言うところのホームでありたいですね。グローバル時代だからこそ、どこかに居場所は持っておいたほうがいい。無条件で帰って来られる場所があるというだけで、家庭は十二分の役割を果たしていると思います。とはいえ、ホーム感を持ってもらえるかどうかは、子どもが決めることですね」

子育てについて「ベストは尽くそう! でも、過剰に期待しない」というのが、グローバル時代の子育てに必要なマインドセットなのかもしれない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。