教育のため専業主婦になる、中国人妻の実際

「会社に行っている場合ではない」妻たち

実は馬さん自身も、「先生と保護者の人間関係は以前と比べて、かなり変化してきた」と感じている。

「以前は自分の子どもに最大限の利益があるように、との思いから、積極的に先生にプレゼントをしてきました。家電製品とか、以前はあらゆるものを差し上げたものです。中国には『教師節』(教師の日)というのがあるのですが、その日に先生にプレゼントをするのは“暗黙の了解”でした。

でも、昨年、びっくりしたのは、少なくとも、うちの子どもの学校では、先生へのプレゼントが一切禁止になったんです。もちろん、もともと暗黙の了解でしたから、公に『贈り物禁止』というお知らせも来ないのですが、私は担任の先生から直接断られました。そこで、保護者間のSNSで相談し、クラス全員で、感謝の気持ちを込めて小さなプレゼントをしよう、という話になったんです。高価ではない300元くらいの贈り物(約5000円相当)なら、構わないでしょうと。でも、それすらも先生からは『こういうことはよろしくない』と断られてしまい、本当に驚きました。

今の政権になってから急に厳しくなったのか、あるいは先生も保護者との“濃い付き合い”や人間関係に疲れ果ててきたのか、校長先生から厳しくいわれたのか、理由ははっきりとはわからないのですが……」

多様化する価値観

中国には「孟母三遷」という有名なことわざがある。孟子の母が、最初は遠くにあった住居を、子どものために、学校の近くに3回も引っ越しし、子どもの教育のためによりよい環境を整えようとした有名な故事だ。この言葉からもわかるとおり、中国人の親には、子どもの教育のためならば、自分の時間やエネルギーをすべて使うくらい情熱を傾ける人も少なくない。

だが、その一方で、短期間に社会の価値観や人々の考え方が多様化し、そうした状況に疲れ果てたり、疑問を感じたり、反動も起きてきている。幼少時から子どもを海外留学させるというスピンアウトを選ぶ家庭も増えている。そのこともまた今の中国社会の現実といえそうだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。