稲盛和夫にハマる中国人が抱える「深い悩み」

拝金主義に不安を感じる人が「指針」を求め…

稲盛和夫氏に熱中する中国人。彼らが今、その教えに魅力を感じる理由とは?(写真:筆者撮影)

「なんだろう? これは……」

扉を開けるなり、異様なほどの熱気が伝わってきた。中国の南の玄関口・広州。指定された雑居ビルの中にあるインナーメーカーの会議室に足を踏み入れると、目をキラキラと輝かせた男女、約50人が一心不乱に講演者の話に耳を傾けているところだった。

「広州でこの日に『盛和塾』の勉強会があるようなのですが、ご興味があるのなら、取材できるか、連絡してあげましょうか?」

全塾生の3分の1が中国人

広東省在住の友人から紹介されたのが盛和塾だった。日本を代表する経営者、稲盛和夫氏の「人生哲学」や「経営哲学」を学ぶ勉強会、それが盛和塾だ。国内外に1万人超の塾生がいるが、中でも人気が高いのが中国。なんと全塾生の3分の1に当たる3600人が中国人といえば、驚く人もいるのではないだろうか。

なぜ、稲盛氏の教えがそんなに中国人に受け入れられるのか? 稲盛氏のどこに中国人は魅力を感じるのか?

中国の書店をのぞくと、ほとんどの店で稲盛本は平積みされていて、つねに大人気であることは以前から知っていたが、実際に塾生の生の声を聞いてみたいと思ったのだ。

会議室には張りのある元気な声が響いていた。

「会社が行き詰まったとき、経営で悩んでいたとき、稲盛先生のご著書がどれほど私の助けになったかわかりません。毎日熟読しています。稲盛先生の教えで、この会社も、私も救われたのです」

次ページ参加者は中小企業の経営者や幹部たち
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。