あいおい損保、社内にある保育園でぎりぎりまで子どもと一緒

東京都練馬区にある光が丘駅から徒歩10分。団地街を抜けると1棟のオフィスビルが現れる。エレベーターで2階に上がると、扉の向こうから子どもたちの声が響いてきた。ここはあいおい損保の社内託児所「あいおいキッズくらぶ」だ。国内損保で社内託児所を設置したのはここが初めて。ビルの6階には同社のコールセンターが入居しており、その従業員が利用している。

「構想は2~3年前からあった」

こう打ち明けるのは、あいおい損保のカスタマーサービスセンター部の仁木正道部長だ。こだわったのは同じビル内にあること。安全面から譲れない条件だった。「部屋が空くのを待つのに時間がかかった」(仁木氏)という。キッズクラブの開所は2008年4月。定員28人で、料金は公立保育園の利用料金の平均値を採用した。しかし、採算ベースにはとても届かない。

コールセンター業務は“経験”がものをいう仕事。オペレーターの定着率は“品質”に直結する。女性比率が高い職場で従業員を引き留めるには、コストがかかっても託児所を開設するのが有効だと判断した。

「託児所があるからここに決めた」と関美江子さん。1歳8カ月の男の子のママだ。練馬区内に住む専業主婦だったが、子どもに手がかからなくなってきたこともあり、働き口を探していた。ちょうどそのとき、同社の求人と託児所開設の折り込みチラシが目に飛び込んだ。4月の託児所開設と同時に働き始めた。「熱があるなどと連絡がきても、すぐ迎えに行ける」と、関さんも満足げだ。

キッズくらぶには退職者を呼び戻す力もある。佐藤栄吉さんは以前、このコールセンターで働いていた。第1子が生まれたとき、共働きの妻を支えるため夜勤の仕事に移った。だが、元同僚から託児所設置の話を聞きつけ、「子育てに困らないなら、慣れた職場に戻りたい」(佐藤さん)と、古巣に復帰することを決意。ちょうど下の子が生まれた直後のタイミングだった。上の子は公立保育園に通わせることができたが、「料金はキッズクラブのほうが高いけど、スタッフの対応は断然いい」と、佐藤さんは太鼓判を押す。

ただ、普通の保育園と違い、親が出社していないと子どもを預かれないという制約もある。企業内保育園が抱える課題もまだ多い。

(生保・損保特集編集部)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。