なるか、三陸鉄道の脱「あまちゃん頼み」

観光客は23倍だが、黒字化は…??

そうした状況の中で、「観光需要を取り込んでいきたい」と、望月社長は語っていた。震災直後から三陸鉄道は三陸復興の象徴として、全国各地から支援客が集まっていた。「あまちゃん効果」で、その規模はさらに大きくなった。

脱・「あまちゃん」頼み

ただ、いつまでも「あまちゃん」頼みとはいかないだろう。三陸鉄道の魅力を全国にアピールする戦略が求められる。三陸鉄道は、お座敷列車以外にも豪華な車内のレトロ列車も有している。過去にはラッピング列車が人気を集めたこともある。こうした列車の魅力は重要な観光資源となる。車内イベントのようなハードに頼らない戦略も有効だ。

10月19日に運行を開始したJR東日本の観光列車「東北エモーション」も強力な援軍となる。車内で味わえる豪華な食事やデザートはさることながら、この列車が走る八戸線(八戸―久慈間)は、風光明媚な景色が堪能できることで有名だ。八戸線と三陸鉄道の組み合わせは三陸観光の目玉となる。

震災前には石巻線・前谷地から北上し、JR東日本や三陸鉄道の6つの路線を経て八戸まで線路がつながっていた。毎年夏には三陸を一気通貫する臨時列車「リアス・シーライナー」が走っていた。現在は山田線の一部で復旧のメドが立たず、気仙沼線や大船渡線の一部では、代替交通としてBRT(バス高速輸送システム)が運行するなど、鉄路は途切れている。復旧には相当な困難を伴うが、もし三陸縦貫線が復活することができれば、過去以上の人気を集めるに違いない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング