電車の遅延と安全対策、両立の秘策

電車の遅延は5年間で1.9倍に!

電車の遅延が増えている。鉄道運行情報を配信するレスキューナウ社の協力で東洋経済が独自調査を行ったところ、2012年の首都圏における運休や遅延の件数は6143件。5年前の1.9倍に拡大した。今年も昨年を上回るペースで増えている。

路線別では湘南新宿ラインや京浜東北線の年間遅延発生件数は200件を超える。つまり、平常運行している日のほうが少ないということになる。

原因別で見ると、最も多いのが人身事故。ホームへの転落や飛び込み自殺などが含まれる。

これらへの対策としてもっとも有効なのがホームドア(可動式ホームさく)の設置だ。

東京メトロでは丸ノ内線や副都心線などで導入が進み、山手線でも一部の駅での設置が始まった。

ただ、こうした現行のホームドアの設置には、いくつかの制約がある。

最大の制約は、列車によって車両の長さやドアの数が異なることだ。丸ノ内線や山手線は車両が統一されているのでホームドアを設置しやすいが、相互直通運転をしている私鉄では、列車によって1両のドアの数が3つだったり、4つだったりする。そのため、列車によっては、列車のドアの場所とホームドアの扉の場所が一致しないのだ。

次ページ新しいホームドアが続々と登場
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。