母親の意識の高さが、子供を成長させる

親は子供に負けてはいけない

ムーギーの親孝行は、父による洗脳の成果?

再びムーギー・パパの登場です。彼は私とは子供の教育問題で大きく価値観を異にした人ですので、内輪の自慢話ではないことを最初にお断りしておきます。

彼のすごいところは、行儀が悪かったり、反抗期の子が親に反抗的な態度を取っただけで、勉強をさせないことでした。「人間として子供として、勉強する資格はない。そもそも、何のために勉強するかがわかってない。今まで勉強したのもムダだとわかった。本末転倒だ。やめなさい、やめなさい」。

頑固で強烈で、決して自分の言い分を子に譲りませんでした。テレビの音どころか、りんごの皮をむく音にも受験生に気を遣い、「子供に勉強していただいている」という雰囲気の家庭があることなど、彼の辞書にはありません。

そして彼はとても話好きでした。幼い頃から、普通の親なら絵本を読み聞かせる感覚と頻度で、子供に道徳を話し聞かせるのでした。「親孝行できない人間は、金魚にも劣る、じゃなかった家禽にも劣る・・・・・・」等々。

実際ムーギー・パパ自身、6人兄姉の3男でありながら母親と同居し、物心両面でかゆい所に手が届く孝行をし、その辺の孝行息子10人が束になっても勝てない、と近所で評判でした。わが家の子たちは、それを見て育ったのです。

当時は「学校で習う算数や理科と行儀をつなげるなよ」と、彼の「親孝行論」を私まで小言と受け取り反発を感じましたが、彼の「論」はムーギーたちに完全に刷り込まれ“筋金入り”です。その果実を私ひとりが享受することになり、複雑な心境です。

Tehuさんの母上へ

私がムーギーとTehuさんの対談を通して学んだことと、上記の複雑な心境から導き出した教訓は、「子育ては本気でやること」、そして繰り返しになりますが「親は子に負けてはいけない」。

3歳でパズル感覚で始めたTehuさんの学習は、スーパー灘高生になってもパズル感覚で、猛進と妄信を繰り返しだめなら撤退、そしてまた猛進。楽しいことだけをしているから、失敗も失敗とは思わない、と超楽天的でしかもおごりがありません。

つねに彼の母上の姿が重なります。天才でしかも明るく素直な性格に育てられた秘訣は?

次は母上のお話を伺いたいと切に思いました。

 ※ ミセス・パンプキンさんへの相談はこちら

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT