灘校生にとっての「偏差値70」とは?

灘中学・高等学校 和田孫博校長に聞く

灘中学・高等学校――。もはや説明は不要だろう。東京の開成と並んで、日本の頭脳を担う人材を生み出す超有名進学校だ。では実際のところ、灘ではどんな教育を生徒にしているのだろうか。今回の取材では、和田孫博校長の他に、現役の高校生と彼を育てた教員にも話を聞くことができた。

――東の開成、西の灘と言われていますが。

ええ、そのように言われることは多いと思いますが、開成さんとのライバル意識はあまりないですよ。「灘」と言っても、日本中から天才が結集してくるわけじゃありません。通ってくるのはほとんどが近畿圏の子供たちですよ、あくまで「地方の一私立高校」、という位置づけですよ。

――「灘は地方の一私立」なんて言わないで下さいよ(笑)。東大合格者の数だって多いですよね。

確かに東大に進学する生徒は多いです。入学してくる多くの生徒が東大を目指していますから、上京志向は強いでしょうね。でもこの連載に出てくるほかの私立みたいに、独特なカリキュラムがあったり、何か特別なことをしているわけではありません。校風も自由だし、制服はありません。そのうえ「あれがダメ、これがダメ」と締め付けるような校則もありません。生徒たちは好きなことを好きにやったらええと思います。

生徒たちの知的好奇心に任せてなんでもやる。だから、小学校のときのように「勉強ができる」という評価軸だけの生徒は、灘に来てもつらいうえに、つまらんでしょうね。なにせ上には上がいるということを、嫌というほど思い知らされますから。入学時に鼻っ柱は木っ端みじんになりますよ。私も灘でそういう経験をしたひとりです。灘に入学するまでは大阪では結構賢い自信があったのですが、入学したら上には上がぎょうさんいて……。

じゃあそれからどうするか、となっても、学校側からは「自由にどうぞ」というわけですからシビアですよね。よく生徒に言っているのは、「自由と言うのは、ぬるま湯におるんとはちゃうぞ」ということです。芥川龍之介の『侏儒の言葉』の中に「自由とは山巓の空気に似ている」という言葉があります。山頂の空気はすがすがしいけど、そこに至るまでの道のりは険しいし、体が弱いものにとっては山の空気は薄くて苦しい。自由を謳歌するために自らを律することも必要や、ということですね。

次ページ校長と中島らもは同級生
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。