「寝てない自慢」をする人を襲う健康リスク

「忙しいの、慣れちゃったよ」は脳の故障だ

ハードな仕事を短時間睡眠で乗り切ろうとするのは危ない(写真:Zephyr18/iStock)

本当の“ショート・スリーパー”は人口の1%

ショート・スリーパー。エリートたちの長年の夢であり、自らの優秀さと強さの証でもある。

かのナポレオンは、「どのくらい眠れるのがいいのか?」と質問されこう答えている。「男は6時間、女は7時間、愚者は8時間」と。ナポレオンは有能であれば、睡眠さえ支配できると思い込んでいたのだ(The Man Napoleonより)。

世界一睡眠時間が短い日本でも(詳細はのちほど)、“ナポレオンの教え”を妄信する人々は少なくない。彼らにとって短時間睡眠は、「自分の存在価値」と同義だ。

昭和の精神論を嫌う人たちでさえ、努力次第でショート・スリーパーになれると信じてきた。実際には短眠が訓練ややる気とはまったく関係のない「遺伝的変異」によるものであるにもかかわらず、だ。

そしてそれは、人口の1%。たったの1%しか、3時間睡眠で体内時計(体内で行動や睡眠のリズムを制御する仕組み)を管理できる遺伝子をもつ人はいないことがわかった。

「オレって、すごいだろ? 3時間睡眠で十分さ。やりたいことたくさんあるのに、寝るなんてもったいないじゃん」と誇らしげに語る人のほとんどは、似非ショート・スリーパー。遺伝子をもっているかいないかがすべてで、精神力や努力でどうなるものではないのである。

次ページ事態はもっと深刻だ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT