「寝てない自慢」をする人を襲う健康リスク

「忙しいの、慣れちゃったよ」は脳の故障だ

その結果、

「早出と遅出のシフトが1週間ごとに入れ代わるシフト勤務についている人の場合、睡眠や食事の時間が7時間ほどズレが生じるのに対し、体内時計の変化は2時間程度」

だったことがわかったのである。

生活リズムと体内時計のずれは、慢性的な時差ぼけを経験しているのと同じ。内臓は“就寝時間”になっているのに、無理に働くと身体がダメージを受ける。それが引き金となり、高血圧、睡眠障害、精神疾患、心臓病などを発症するリスクを高める。

体内時計のずれの影響は、若者ほど受けやすい

しかも体内時計のずれの影響は、若者ほど受けやすい。

子どもから大人に向かう途中では、成長ホルモンなどの影響で「時計遺伝子」と誤差が生じるため10代の子どもたちは、夜遅くまで眠れない傾向が強まる。だが、その状態をゲームや受験勉強などでさらに加速させると、不安感やストレスに加え、成績の低下、高校や大学の中退率を高めるという、研究報告が相次いでいるのである。

就寝時間が22時以降、睡眠時間が7時間未満の場合、心身への負担は1時間睡眠時間が減るごとに14%程度高まるとの報告もある。

『残念な職場――53の研究が明かすヤバい真実』(PHP新書)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ただでさえ日本人の睡眠時間は世界一短く、平均睡眠時間は7時間24分。世界一たくさん寝ているのはオランダで8時間21分、欧米は軒並み8時間前後だ。加えて「遅寝、早起き」であることが判明している(米ミシガン大学が100カ国の数千人以上の就寝時刻や起床時刻のデータを収集・比較した結果)。

人は想像以上に弱く、想像以上に強い。この二面性が複雑に絡まり合いながら、私たちは社会的な動物として、環境に“適応”する。

大人が「睡眠」をおろそかにし、強さの証とすれば、それが社会的なプレッシャーになり、子どもたちの睡眠時間の減少にもつながっていく。

だからこそ、長時間労働は絶対悪。絶対に許してはダメだ。自分のためだけでなく、子どもたちの未来のためにも過労死や過労自殺という言葉は、死語にしないとダメなのである。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。