20〜30代女性に「異色スープ本」がウケる必然

包丁や出しを使わないものも

使う素材や作る手順がシンプルなことが、かえってアレンジを誘うことも、読者の「達成感」につながっているようだ。たとえば、ディルをトッピングした「鮭とコーンのクリームスープ」を「ディルはなかったので、ホウレン草を入れました」という人や、「サラダチキンでアスパラをおいしく食べるスープ」に、「うちにキノコがあったので、キノコも入れました」といったコメントも多いという。

「目玉焼きオンザトマトのごはんスープ」。具材が少ないため、自分なりのアレンジがしやすい(写真:有賀氏提供)

達成感を得られる、というのは実は、料理を苦手だと感じている人が少なくない20~30代には大事なポイントだ。現在の20~30代は、専業主婦に育てられた人が多いが、塾や習い事で忙しく、料理を作る現場を見る機会が少なかったためか、料理をする技術が身に付いていない、と悩んでいる人がそれなりにいる。そうした人にとって、味も見た目も栄養面も「ちゃんとしている」スープが作れた、という実感はその後の自信につながる。

スープだからこそ成り立つ「簡単×ちゃんと」

今、世の中にはレシピ本がたくさんあり、料理を学べる環境は整っているように見える。しかし、料理が好きで得意な人たちが作ったレシピ本は、「基礎の水準」を高めに見積もる傾向がある。長いレシピも多い材料も、「難しそう」「めんどくさい」と思われがち。簡単さを打ち出すレシピ本もたくさんあるが、手抜き料理は罪悪感を伴う。レシピ本が売れなくなったと言われるが、それはもしかすると読者のニーズとズレた本が多いからかもしれない。

有賀氏のレシピは栄養のバランスが良さそうなのに簡単で、作って食べる達成感がある。そういうレシピが出せるのは、スープだからとも言える。具材を入れて煮れば成立するスープは、最も単純な料理の1つで、少なくとも紀元前2000年にはエジプト、中国、メソポタミアで作られていたことがわかっている。

炒める、焼く、蒸すといった料理は、食材に火を通すタイミングや火加減を覚えなければおいしくできない。サラダなどの和え物は、素材の下処理に手間がかかり、手を抜くと味もおざなりになりやすい。しかし、スープは鍋をのぞきながら火加減や加熱時間を調節できるし、うっかり煮込み過ぎて具材が柔らかくなり過ぎても、それはそれで食べられる。味見もしやすいので、完成形を予想しやすい。

肉や魚と野菜を入れて煮れば、主菜になる。ご飯や麺類、パンなどを入れればスープだけで食事ができる。古今東西、庶民がそういう食事をしてきた歴史を考えれば、食べるスープの流行は、原点回帰の現象と言えるかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT