森昌子「息子3人をスパルタで育てたワケ」

0歳から、18歳での自立を意識してきた

スパルタだったという、森昌子さんの子育てとは…
「あんたは鬼のような母親だ」
自分の母親にそう言われたことがあるという、歌手の森昌子さん。
昨今、フジテレビ系「ダウンタウンなう」やTBS系「サワコの朝」で放送された"森昌子流スパルタ子育て"が話題になり、『母親力』を刊行した森昌子さんのこれまでの半生と、独創的な子育て法についてお聞きしました。

物心がつく3歳まで

「よき母」になることが、子どもの頃からの私の夢でした。

13歳で芸能界デビューしましたが、27歳で結婚するときに芸能界を引退。周りの反対を押し切って専業主婦に“転身”しました。

それから3人の息子を産み、育てました。わが家では18歳になったら、強制的に独立させるのが流儀。3兄弟はみな、そうしました。それぞれ中学3年生の終わりくらいになると、3年後の独立に向け、心の準備をするように“お達し”するのです。

私、森昌子を知る世間のみなさまは、「おっとりしている」「やさしそう」という印象を抱かれているようです。とてもありがたいことで、確かにそういう一面を持ち合わせているかもしれませんが、子育てに関しては「スパルタ」だったと思います。

物心がつく3歳までは、長男を「1番」、次男を「2番」、三男を「3番」と番号で呼び、兄弟同士でも年上の兄には敬語を使わせます。 大きくなってからは門限を設け、それを破ったら絶対に家の中には入れません。

1歳を過ぎたばかりの息子を正座させてコンコンとお説教をしたり、右手に輪ゴムをはめてはしの持ち方を矯正したり、さらには左利きになりそうだと気づくと、ひもで左腕をいすに縛りつけて右利きに矯正したり。

ちょっと厳しい子育てだったかもしれませんが、もちろんそれは愛情があってのこと。やみくもに厳しかったわけではありません。母親に依存せず、年上を敬い、自分のことは自分でするなど、息子を「メシが食える男」にしたい。それに必要になる力を幼いうちから身に付けさせ、18歳になったら強制的に家を出して自立するよう、育ててきたのです。

次ページ幼い頃から生きていく力を教える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT