21歳「発達障害」の彼が芸能界を目指す理由

勉強に集中できず理学療法士への道は諦めた

人とのコミュニケーションの取り方に悩みながらも、中村さんは高校を卒業。リハビリの専門学校へ進学した。自分が発達障害だと知ったのは専門学校1年生のときだった。

「専門への進学を機にひとり暮らしをしていたのですが、実習先の病院が実家の近くだったので、実習期間の1週間だけ実家に帰って実習に通っていたんです。でも、実習で『なんで普通ならできるのにそんなこともできないの?』と言われたり、何気なく言った言葉だったのに『患者さんに対してそういう言い方はよくない』と怒られてばかり。パーソナルスペースも注意されました。

失敗ばかりの実習期間を終えて、ひとり暮らしの部屋まで親が車で送ってくれている車内で、親から自分はASDであることを告げられました。それから1週間くらいはイライラしていて、テンションも下がりっぱなしでした。実習後は実習で得た学びをレジュメにまとめて発表をしなければならなかったのですが、そういうことすらどうでもよくなってしまいました。正直なところ、今まで発達障害だと教えてくれなかった親を恨んでしまいました」(中村さん)

中村さんの周りの友達は、アルバイトなどを通してコミュニケーション能力を身に付けているように見えた。中村さんは1日で終わる日雇い派遣バイトのみで、長期間のバイトをしたことがなかった。

そこで、コミュニケーション力の向上を目指して、発達障害の子ども向けの支援施設でボランティアを始めた。子どもの親と施設の先生が話している間、子どもたちと遊ぶ仕事だった。同じボランティアのメンバーからは「だいぶコミュニケーションが取れるようになったね」と言われ、自分でも成長を実感していた。

発達障害であることを告白し実習内容を配慮してもらう

3年生になると3週間の実習があった。このとき、中村さんは担任にASDであることを告白した。すると、「実習先の病院にASDということを伝えて実習内容を配慮してもらおうか」という話になった。しかし、そんな配慮をしてもらったのに実習の結果は散々だった。

「高校までずっと野球をやっていたので、本当はプロ野球選手になりたかったんです。でも、ケガで野球を続けられなくなり、親も納得する仕事だったので理学療法士を目指すための専門学校に進学しました。実習先に配慮してもらっても結果が悪ければ、学校をやめようとすら思っていました。

それを親に伝えたところ『学校をやめるなら実家に戻ってこい』と言われました。実習先に配慮をしてもらったのにもかかわらずうまくいかなかった。その結果にムキになってしまい『自分だって本気でやればできるんだ』と、再び理学療法士への道を進むことにしたんです」(中村さん)

次ページ実習をリタイアしてしまった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT