21歳「発達障害」の彼が芸能界を目指す理由

勉強に集中できず理学療法士への道は諦めた

コミュニケーションの取り方がうまくなく、勉強に集中できないのも発達障害の特徴だ(写真は中村竜介さん<仮名>提供)
独特なこだわりを持っていたりコミュニケーションに問題があったりするASD(自閉症スペクトラム/アスペルガー症候群)、多動で落ち着きのないADHD(注意欠陥・多動性障害)、知的な遅れがないのに読み書きや計算が困難なLD(学習障害)、これらを発達障害と呼ぶ。
今までは単なる「ちょっと変わった人」と思われてきた発達障害だが、前頭葉からの指令がうまくいかない、脳の特性であることが少しずつ認知され始めた。子どもの頃に親が気づいて病院を受診させるケースもあるが、最近では大人になって発達障害であることに気づく人も多い。
そんな発達障害のリアルに迫る本連載。第9回はASDとADHDの混合型の中村竜介さん(仮名・21歳)を追った。

中村さんは九州の某県在住。取材時は理学療法士を目指すリハビリ系専門学校の3年生で、約2週間後に国家試験、翌月には卒業式をひかえていた。今回、中村さんは第5回で登場した金井塚さんの記事(26歳「発達障害」と一途に向き合う彼の生き方=2018年1月29日配信)を読み、「自分も取材を受けたい」と筆者にTwitterのDMを送ってきてくれた。

地方在住のためLINE電話で取材を実施。取材を受けることは学校にも相談済みで、国家試験への影響や、学校側へ迷惑がかかるのを防ぐため、3月8日の卒業式以降に掲載してほしいとのことだった。

野球部で部員や顧問とコミュニケーションのトラブルに

中村さんは7歳の頃にASDと診断されていたため、小学校から高校時代まで、発達障害の子ども向けの支援施設に通っていた。ただ、親からは「あんたは普通の人ができることができない部分があるから、あそこで訓練しているんだよ」と言われており、発達障害だから通っているとは言われていなかったという。

この連載の一覧はこちら

悪意はないのに言ってしまった言葉で相手を怒らせてしまうことが多く、コミュニケーションの取り方に問題があると、特に高校時代から強く感じ始めた。

小中高と野球少年だった中村さん。高校のときの野球部でも、先輩や顧問とのコミュニケーションの取り方が難しく、トラブルにつながることが多かった。

「野球部の部員が授業中に何か問題を起こすと、部の顧問にその話がいき、顧問から注意を受けることがあったんです。でも、他の部員は先輩から『お前、しっかりしろよ~』と笑いながら冗談まじりに注意されるのに、僕のときだけ同じポジションの先輩から本気でブチ切れられたんです。他の部員のときと同じような問題だったとは思うのですが……」(中村さん)

次ページコミュニケーションの取り方に悩みながらも高校を卒業した
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。