40代で「折れない心」にみるみる変わる5習慣

「レジェンド葛西紀明」が実践!秘訣は?

もうひとつ私が実践していることは、できるだけ「プラスの言葉」を使って「マイナス思考」を遠ざけることです。

「マイナスの言葉」は自分にもまわりにも言わない

【5】「プラスの言葉」を使って「マイナス思考」を遠ざける

仕事がうまくいかないときなど、つい「もうダメだ」「どうせ自分なんか」「疲れた」などという「マイナスの言葉」を言ってしまいがちですよね。

でも、この「マイナスの言葉」を言うのがクセのようになってしまうと、ますます「マイナス思考」になってしまい、脳も心も疲れてしまいます

こんなとき、私は「大丈夫、できる」「なんとかなる」「今日も頑張った」というような「プラスの言葉」を一言でも多く言うようにしています。そうすることで、「マイナス思考」が消えていき、「プラス思考」になれるからです。

また、これは自分に対してだけでなく、他人に対しての言葉でも同じなので、まわりの人に言葉をかけるときも気をつけるようにしています。

【40代で「折れない心」にみるみる変わる5習慣】
・とにかく「脳を疲れさせない」
・「仕事(練習)を一切考えない時間」をつくる
・日常の中に「楽しみ」を取り入れる
・「苦手な人」と付き合わない
・「プラスの言葉」を使って「マイナス思考」を遠ざける

20代の頃のように「がむしゃらに頑張る」ことを続けていたら、40代になる前に、体だけでなく心も折れてしまっていたかもしれません。

現在は、できるだけ「脳を疲れさせない」工夫を取り入れることで、体と心にかかる負荷を減らし、「疲れない体」のみならず「折れない心」をつくるように心がけています。

40歳を過ぎても、逆境や苦難に負けない「折れない心」をつくることはできる――。それは「工夫次第」でみなさんもきっとできると、私は信じています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。