40代で「疲れず、サボらず」運動を続ける5秘訣

「レジェンド葛西紀明」が直伝!脱三日坊主!

運動を無理なく続けるコツは?(撮影:今井康一)
史上最多の計8回の冬季オリンピック出場が確定した、スキージャンプ選手として20年以上のキャリアを持つ葛西紀明選手。41歳で自己最高の「個人銀メダル」を獲得し、45歳の今なお一線級の成績をマークする葛西選手は「レジェンド」と称され、国内にとどまらず海外でも尊敬を集めている。
その葛西選手が35年間「企業秘密」にしてきた「疲れない体」と「折れない心」のつくり方を余すことなく1冊にまとめた新刊『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』には何が書かれているのか。新刊の内容を再編集しながら、その極意を紹介していく。

運動を始めても三日坊主になってしまう

スポーツ選手には海外遠征が多い人もいると思いますが、スキージャンプ選手も海外遠征は多く、私の場合は1年のうちの半分は海外遠征に出ています。

『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』は、発売2カ月で12万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

フィンランドからノルウェーへなど、1日がかりで長距離を移動するようなこともよくありますが、乗り物に長時間座りっぱなしになるので体はカチカチに固まり、疲労がたまります。また、移動中は眠れないことが多いので、睡眠不足にもなってしまいます。

疲れ切った状態で移動先に着くのですが、移動先で私が真っ先にするのが、じつは「サウナスーツを着て、軽く走る」ことです。

「疲れているのに走るの?」と思われたかもしれませんが、適度なランニングで体を動かして汗をかくと、心身ともにすっきりしてきて、疲れがとれる感じがするのです。

「ランニング」で体を動かすことは、場所を選ばず簡単に始められるので私はおすすめなのですが、「毎日続けないといけない」と頑張りすぎて逆に疲れてしまったり、結局続けられずに「三日坊主」で終わったり……などという人も少なくないようです。

では、どうすれば「疲れず、サボらず」体を動かす運動を、日常生活の中で続けることができるのか。ランニングを例に、私が実践している方法の中で、みなさんもすぐできる5つのコツを紹介します。

次ページまずは「何から」始める?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。