40代で「太らない体」にみるみる変わる7習慣

「レジェンド葛西紀明」も実践!その秘訣は?

40歳を過ぎてから「太らない体」を維持するためには?(撮影:今井康一)
史上最多の計8回の冬季オリンピック出場が確定した、スキージャンプ選手として20年以上のキャリアを持つ葛西紀明選手。41歳で自己最高の「個人銀メダル」を獲得し、45歳の今なお一線級の成績をマークする葛西選手は「レジェンド」と称され、国内にとどまらず海外でも尊敬を集めている。
その葛西選手が35年間「企業秘密」にしてきた「疲れない体」と「折れない心」のつくり方を余すことなく1冊にまとめた新刊『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』には何が書かれているのか。新刊の内容を再編集しながら、その極意を紹介していく。

スキージャンプにとって体重コントロールは死活問題

『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』は、早くも9万部を突破するベストセラーとなっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

スキージャンプ選手にとって「体重コントロール」はとても大切になります。スキージャンプは「体重を1キロ落とせば、2メートル飛距離が伸びる」ともいわれる競技で、私も太らないように非常に気を遣っています。

1日に体重計に20回乗ることもありますし、脇腹を指でつまめば、およその体重がわかるようにもなりました。

しかし、スキージャンプの場合、痩せすぎてしまうと失格になり、試合に出場できなくなります。そのためスキージャンプの選手は、「痩せすぎず、太りすぎず」という体重コントロールに人一倍注意し、さまざまな工夫をこらしています。

私自身、40歳を過ぎると、いままでと同じような食べ物を同じだけ食べていたのに、太りやすくなりました。減量が必要なのは20代と同じですが、40代になって「いままで以上の工夫」をしないと体重が落ちにくくなりました。

みなさんの中にも、「若いころは食べても太りにくかったのに」「少しダイエットしたら、すぐ痩せたのに……」と思い、なかなか痩せられないことで悩んでいる人もいるかもしれません。

では、40歳を過ぎてから「太らない体」を維持するために、私はどのようなことをしているのか。私自身が実践していることの中で、一般の人でもすぐ日常でできる「7つの習慣」を紹介したいと思います。

次ページ「食事」はどうすればいい?
関連記事
トピックボードAD
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 激震!トヨタ×ソフトバンク
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 卒業 さや姉の克己心
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。