40代で「折れない心」にみるみる変わる5習慣

「レジェンド葛西紀明」が実践!秘訣は?

次に、「脳を疲れさせない」ためにやっていることは、「日常の中にも『楽しみ』を取り入れる」ことです。それが「折れない心」を作るうえでも役立っています。

笑顔あふれる環境は「脳の疲れ」を緩和する

【3】日常の中に「楽しみ」を取り入れる

私は、普段の練習メニューとして、日常のトレーニングだけでなくビーチバレーやサッカーなども取り入れています。

これは「日常の中にも『楽しみ』を取り入れよう」と思って行っているのですが、それは「楽しい」という感情があるだけでも、脳の疲れに差が出ると感じているからです。つらくても「楽しい」要素があるトレーニングだと笑顔で頑張ることもできます。

また、トレーニング中にはギャグを言って後輩たちを笑わせるときもあります。場を盛り上げることができますし、まわりが笑顔だと自分にも笑顔が増えていきますし、チームのパフォーマンスも向上します。

このように、日常の中に「楽しみ」をどんどん取り入れていくことが、「脳の疲れ」の緩和につながり、「続ける心」「折れない心」を作るのにも役立っていると思います。

【4】「苦手な人」と付き合わない

「人間関係がうまくいかないとストレスが増えて脳が疲れてしまう」ことは、ビジネスパーソンに限らず、よくあることですよね。私も、まわりの人に不満があるときに、つい、いろいろと考えてしまい、ストレスを溜め込んでしまうことがあります。

しかし、これはムダな時間をとってしまうだけですので、私はあるときから、初対面で「苦手そうだな」という人や「合わなそう」と感じた人には、できるだけ近づかないようにしています。

仕事のときは、なかなか選べない場合が多いかもしれませんが、プライベートのときは自分の意思でコントロールできると思います。

「苦手な人」ではなく、できるだけ「楽しく過ごせる人と一緒にいる」ことは、脳だけでなく心を疲れさせないためにも重要ですよね。

次ページ「マイナス」は「マイナス」を呼び入れる!
関連記事
トピックボードAD
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。