あなたの知らない医師の婚活の実態

医師の恋愛・結婚パターンはこうなっている!

医師(医学生)になる前から付き合っているという場合

少し、レアなケースになるかもしれませんが、最近、学士入学をしたり、社会人を経験してから医学部に入学するという方も増えており、この場合は医学部入学前から付き合っているという方が多いです(少なくも私の周りには……)。ミュージシャンや漫才師などの成功談にあるようなデビュー前から支えるといったパターンです。この場合、基本的には女性のほうがすでに社会人になっており、糟糠の妻のように金銭的にも医師を目指す彼氏を支えることが多いのです。

一定の進路を進んだ後に、医師になろうとする人は、親が医者というケースはまれで、頭がよく目標達成意欲も高い。また、相当な覚悟で医師になろうとするためふまじめな方はいません。お付き合いをする女性の側もそれをわかって、医学部に入っても最低6年間は資金援助を含め、彼氏と同棲したりします。そうなると医師になるまでに最低6年以上寄り添い、苦労もかけるわけで、そこから別の女性なんてことにはなりません。長い間の苦楽を経て、研修医3年目くらいにゴールインというのが、ひとつのパターンになるかと思います。

出会いがあれば別れもある

医師の出会いとその結婚は、今、お話したとおり、いくつかのパターンがあります。自然にはぐくまれた愛、医師という看板で結ばれる愛も正直あると思います。今回、これを書くにあたって何人かの医師に話しを伺いました。その結果、出会いのパターンはわかりましたが、その継続、もしくは破綻については、詳しくお伺いできませんでした。そのあたりは医師同士でもあまりお話はされないようです。

最近は医師の過重労働も報道され、職業としての大変さを理解したうえで結婚をされる方が増えてきていると思います。お互いをわかりあう努力をすれば、医師であろうとその付き合いは長くなるでしょう。

ただ残念ながら、われわれがやり取りをしているドクターについては、離婚という結末に至った話をよく聞きます。これについてはデータがなく、医師と結婚した夫婦が一般人に比べて離婚率が高いかどうかは証明できませんが、一般の夫婦より少し多いような気がしています。

以前よりは低くなったとはいえ、まだまだ医師の平均年収は高く、医師と結婚するとそれなりに裕福な生活ができることは間違いないと思います。ただ、それだけに価値を置くのではなく、医師としての職業以上に相手のことを尊重し合い、長く幸せな時間を過ごしていただきたいと思う次第です。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT