時短女子社員に"殺されない"ための処方箋

ノマドドクターがモノ申す!

ノマドドクターという言葉をご存じだろうか。今まで医局や勤務先の病院に縛られて生きてきた、「医者」という職業。いまやノマド化しているのだ。彼らは依頼一本で全国どこへでもはせ参じ、華麗に手術をこなす新しい医者のカタチだ。
そんな様子は昨年、米倉涼子さん主演の「ドクターX」で描かれた。本連載ではドクターXの制作協力にも携わった「リアルドクターX」こと筒井冨美氏が医療の表から裏まで、自由自在につづる

時短正社員の適正賃金とは?

2012年より法律で「3歳までの児を持つ職員が6時間時短勤務を申請されれば拒めない」こととされ、同時に「6時間勤務の場合ならば、75%の賃金支払い」も義務化された。しかしながら、現場レベルで「ウチはうまくいっているよ」と心から言えるケースを私は知らない。大抵の場合は、周囲の支援(周囲からの搾取とも言える)が不可欠で、要するに誰かを犠牲にしているケースが多いのだ。

そもそも、「6時間勤務で75%の賃金」という賃金の計算式が、仕事における事実上の生産性とは懸け離れているケースが多い。「ホワイトカラー系の業務」においては、仕事の生産性は単純に労働時間に比例するものではなく、往々にして仕事の難度も労働時間に比例し、その結果として仕事の生産性は「労働時間の2乗に比例」することが多い(左図)。

また、日本の一般的な正社員の賃金には、暗黙の了解として2時間程度のサービス残業が含まれているものである。よって「(1日2時間のサビ残を含む)正社員のパフォーマンスを100%」とすると、「残業免除社員はその64%」であり「6時間勤務は36%」となり、これは日常業務における実感にかなり近い数字でないかと思う。賃金そのものは「残業免除社員は100%」「6時間勤務は75%」なので、コストパフォーマンスとしては「サビ残正社員」の1.56倍および2.08倍となる。

次ページ 「周囲の支援」=「周囲からの搾取」?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT