時短女子社員に"殺されない"ための処方箋

ノマドドクターがモノ申す!

ノマドドクターという言葉をご存じだろうか。今まで医局や勤務先の病院に縛られて生きてきた、「医者」という職業。いまやノマド化しているのだ。彼らは依頼一本で全国どこへでもはせ参じ、華麗に手術をこなす新しい医者のカタチだ。
そんな様子は昨年、米倉涼子さん主演の「ドクターX」で描かれた。本連載ではドクターXの制作協力にも携わった「リアルドクターX」こと筒井冨美氏が医療の表から裏まで、自由自在につづる

時短正社員の適正賃金とは?

2012年より法律で「3歳までの児を持つ職員が6時間時短勤務を申請されれば拒めない」こととされ、同時に「6時間勤務の場合ならば、75%の賃金支払い」も義務化された。しかしながら、現場レベルで「ウチはうまくいっているよ」と心から言えるケースを私は知らない。大抵の場合は、周囲の支援(周囲からの搾取とも言える)が不可欠で、要するに誰かを犠牲にしているケースが多いのだ。

そもそも、「6時間勤務で75%の賃金」という賃金の計算式が、仕事における事実上の生産性とは懸け離れているケースが多い。「ホワイトカラー系の業務」においては、仕事の生産性は単純に労働時間に比例するものではなく、往々にして仕事の難度も労働時間に比例し、その結果として仕事の生産性は「労働時間の2乗に比例」することが多い(左図)。

また、日本の一般的な正社員の賃金には、暗黙の了解として2時間程度のサービス残業が含まれているものである。よって「(1日2時間のサビ残を含む)正社員のパフォーマンスを100%」とすると、「残業免除社員はその64%」であり「6時間勤務は36%」となり、これは日常業務における実感にかなり近い数字でないかと思う。賃金そのものは「残業免除社員は100%」「6時間勤務は75%」なので、コストパフォーマンスとしては「サビ残正社員」の1.56倍および2.08倍となる。

次ページ 「周囲の支援」=「周囲からの搾取」?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT