女性の「解雇規制緩和」のススメ

「育休3年」に異議あり!

格差を拡大する「育休3年」法制化

女性活用や少子化対策が話題になって久しい。しかし、「具体的に何すればいいの?」かについての魅力的な提案は少ない。安倍首相がドヤ顔で提案した「育休3年」も、各方面からのツッコミを受けて早々に撤回した。私も「それってムダ!というか逆効果!」と考えているひとりである。

「育休3年」法制化とは、事実上「公務員および大企業に限定した育休3年」法制化となり、その恩恵を受けられるのは女性労働者の10~20%であろう(図1)。会社経営に余力がなく現時点においても産育休のビミョーな中小企業や下請け企業(20~30%程度?)では、妊娠した女性従業員に対して今以上にロコツで巧妙な退職誘導が行われると予想できる。そして今や働く女性の過半数(50~70%)となった非正規雇用女性にとって、「育休3年」法制化の恩恵はまったくない。というかむしろ、公務員や大企業正社員女性の産育休時短のシワ寄せを食うリスクが大きい。

大企業と中小企業の間はまだしも、正規雇用と非正規雇用の間には分厚いカベが存在し、現在のところ非正規→正規への移動は困難である。そして、正規/非正規を決めるのは「学歴」「成績」「TOEIC」ならばまだしも、「新卒就職時の景気」「(とりわけ女子就職においては)親のコネ」など本人の努力範囲外の要素が大きい。よって、10~20%の女性正社員をショーウインドー的に保護し、そのシワ寄せを80~90%の零細企業社員や非正規雇用者に押し付けることになる制度は、日本全体としては少子化を加速する方向に働くと私は考えている。

次ページ授かった子どもを泣く泣く中絶…ということも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。