女性の「解雇規制緩和」のススメ 「育休3年」に異議あり!

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6
拡大
縮小

正社員の4分類

正社員の公定価格と実勢価格について、最近はやりの2×2マトリクスを作ってみた(図3)。「スキルあり/なし」「労働時間制限あり/なし」で分類してみた。新入社員は「スキルなし+労働時間制限なし」から出発するし、いわゆる「社畜」もここに分類される。「スキルあり+労働時間制限なし」は会社にとってのスターであり、「公定価格<実勢価格」のお買い得な社員である。といっても、スターといえど加齢や病気には勝てず、年齢を重ねるに従って実質的な労働時間は減っていくが、蓄積されたスキルがあるならば「スキルあり+労働時間制限あり」として会社としては雇い続ける価値はある。

最も問題になるのが、「スキルなし+労働時間制限あり」の「公定価格>実勢価格」なレッドゾーン人材である。「育休正社員の仕事の穴埋めに、育休期間のみの派遣社員を雇えばよい」などというお花畑な提案をする人がいるが、「パンがなければケーキを食べればいい」的なアイデアでしかない。

「そもそも派遣社員で対応可能な仕事ならば、派遣社員でその業務を回して、わざわざ高コストな正社員を配置する必要はない」のである。「9~15時キッカリに終了できて、急な病欠でも対応できる」ような、データ入力などの時短社員向きの仕事は、同時にインターネットを活用したアウトソーシングが可能な仕事でもある。さらに、近年では「中国の事務センターに丸投げ」といった選択肢も有力である。JALの新社長は就任記者会見で「筋肉質な経営体質」を連呼していたが、そのためにはレッドゾーン人材を極力減らすことが必須となる。

昭和時代には「1人の解雇者も出さない」ことが、「優れた経営者」とされたが、それは「男性50~55歳定年」だったからこそ可能だった。昭和時代の会社には、男はBタイプがほとんどだったし(図4)、たまーにアラフィフの使えないAタイプのレッドゾーンな人材がいても「あと2~3年のガマン」だったからこそ「社史編纂室」あたりで飼ってもらえたのだ。

次ページ企業内には大量のAタイプが……
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT