行くぜっ!ハイパーゆとり世代 週休2日制で、ゆとり世代は最強世代になり得る

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小

授業時間拡大で学力が上がるとは思えない

しかし、ゆとり教育による学力低下が指摘され、「土曜授業」の復活を求める声が噴出し、文部科学省は今年3月に「土曜授業に関する検討チーム」を立ち上げて推進しています。

ボクの実感からすると、たかが10数パーセントの授業時間拡大で学力が上がるとは思えません。

実際、日本よりはるかに授業時間の長いイタリアは、学力ランキングではかなりの下位に位置しています。2003年の調査ではありますが、OECD(経済協力開発機構)加盟34カ国で、小学校6年間の授業時間が最も長いイタリアは、国際学力調査(PISA)で、数学的リテラシー、科学的リテラシー、読解力がいずれも20位台と低い。

つまり、授業時間をのばすのではなく、豊富な教材で、効率よく学習するほうが大事なのです。

土日の使い方は、生徒の主体性に完全に任せましょう。早いうちから「これからの社会をどう生きればよいか」をしっかり考えさせてくれるような授業を組み込み、その授業を受けたのであれば、土日をどういう用途に使ってもよいことにしましょう。

どうしても生徒をしばりたい学校は、土曜日全体の日数の20パーセント以下であれば、質の高い特別授業をしてもよいでしょう。灘校の特別授業「土曜講座」の比率が20パーセントです。

ただし、学校教員ではなく外部の有識者らを招聘し、複数の授業を用意して選択制にすべきです。もはや、ひとつのカリキュラムを押しつけるだけで、いい人材が生まれるような簡単な社会ではなくなっていますから。 

次ページせっかく活動の幅を広げてもワンパターン化している
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT