生意気なのに仕事を頼まれる人の下地づくり

人脈で人生を変えろ!

新世代リーダー予備軍とも言える10代の優秀な若者は、どんな未来を描いているのか。「スーパーIT中学生」「スーパーIT高校生」として早くから独自の道を切り拓いてきたデジタルクリエー ターの灘高生が、未来予測を発信。ITや政治、経済、教育、ときにはアイドルや女の子ネタまで、感度の高い移り気なアンテナがキャッチするまま書き連ねる。

 

Tehuの言葉  「人脈で人生を変えろ!」

就活フェアの光景は気色悪い

大学生の就活解禁は12月。その時期が近づいてきました。

東京ビッグサイトのような国際展示場に並ぶ、ついたてで仕切られた各企業のブース。そして、リクルートスーツに身を包んで通路を整然と歩く大学3年生たち。毎年のように報道される「就活フェア」の様子ですが、よく考えてみるとなかなか気色悪い光景ではないでしょうか。

今年の夏、堀江貴文さんとトークショーをしたとき、堀江さんは「就職というのが理解できない」とおっしゃっていました。

トークショーでホリエモンさんとご一緒した

ボクもほぼ同意見です。就職したら楽しいことができないだろうなあと思っているわけですが、もちろんみんながみんな、そうではないこともわかっています。

たとえば、半沢直樹のように銀行員を目指している人(半沢は復讐の意図もあったようですが)が、いきなりゼロから銀行をつくるのは不可能に近いでしょう。そういう人なら企業体に所属するのもまったくかまいません。

ボクが嫌なのは、会社を選ぶときに、いまだに大博覧会のようなものが開かれていて、就活生が会社に選んでもらおうとしているように見えることです。

次ページ会社から入社を懇願される人になれ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT