離婚後に必要なのは悩むことではなく行動だ

失ったものより足りていることを数えよう

娘が巣立ったあと、1人で迎える老後も心配です(写真:siro46 / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

私は数カ月前、借金を繰り返す夫と離婚しました。以前にも多重債務をしたことがある元夫は今回もまた、債権者から弁護士事務所を通じて一括返済を求められており、その他督促の電話も数社からありましたので、離婚を決意しました。娘は高校3年生で、進学先が決まるまでは生活環境を変えたくなく、夫が出て行きました。
相談したいことの1つは両親にも元夫の母親にも、まだ離婚を伝えていないことが、とても心苦しいということです。両者とも年配のため、離婚に驚き、私を心配して体調を崩すのではと思うと伝えることができません。
そしてもう1つは、私はこれからどのようにして生きていくべきかということです。私は今までずっと内職をしてきました。借金癖のある夫に隠していた貯金が少しありますので、離婚前は起業も考えました(慎重に考え、実現できませんでしたが)。今は両親を支えたく、家の近くで勤めをしたいと思っています。田舎なのでできる仕事も少なく、長年、元夫の借金癖と闘ってきた疲れもあり、しばらくは心を休めたいとも思っていますが、一人で迎える老後も心配です。アドバイスを頂けませんか。
聡子(仮名)

まずは悩むより行動を

この連載の記事一覧はこちら
 

借金漬けで再起不能の先を見通せない夫との離婚には大賛成です。今後の生き方ですが、まずは悩むより行動することが大切な局面かと思います。

まずは仕事です。タイプにもよりますが、就職活動なり仕事に向けた勉強なりは、早いほうがいいでしょう。少しの休養のつもりで会社を辞めたのに、いったんその気楽さを覚えると、社会復帰への壁が、自他ともに高くなっている人をよく見ます。聡子様も社会復帰への敷居が高くなる前に、行動を開始するべきです。

次ページいきなり起業しなかったのは正解
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT