800円超「乃が美の食パン」が爆売れする理由

東京人だけが知らない人気店の秘密

売れ残ったパンをコツコツ売り歩き、開店から3カ月が過ぎた頃、とある87歳のおばあちゃんから手紙が届く。「生きている間にこんな美味しいものを食べられると思わなかった」と、綴られていたそう。「やっとここまでたどりつけた。この商売はいける」と確信した瞬間だったという。その後、徐々に客足は伸び、行列ができる店として評判を呼ぶようになっていった。

東京でもヒットするか

取材日はちょうどYahoo!検索大賞2017の授賞式だった(撮影:尾形文繁)

2018年には全店で100億円の売り上げを達成できそうだというが、実は今も本店の売り上げがダントツ。「チェーン化するとたいてい本店は客足が落ちるが、うちの本店の売り上げは右肩上がりで先月は2500万円を超えた。乃が美の強さはここにある」と、阪上代表は強調する。

今後は海外進出も考えているが、国内ではコンビニとのコラボを実現したいという。大阪と神戸を除き、1県に2店舗のルールで出店しているため、お店に買いに行けない人もまだまだ多いからだ。イメージは、「冷凍で二枚入り」の展開。「特に地方のお年寄りにもっと食べてもらいたい」と言う。

直近では、2018年、乃が美は念願の東京出店を予定している。「東京で流行っても、地方に出るとダメになるケースがほとんど。だから、最後に東京で花火を打ち上げると決めていました。スターバックスも全国出店を果たしたのは2015年と最近。わずか5年の間に未上場で全国制覇を達成する飲食店は、うちが日本初なのでは」。地方を熱狂させた食パンに、東京人がどう反応するのか、楽しみだ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。