50~60代に激売れする伊勢半「口紅」の正体

韓国「オルチャンメイク」好きにも波及?

50~60代から人気に火がついた口紅の秘密とは?(撮影:尾形文繁)

こんな口紅欲しかったの――どうやら、このキャッチコピーどおりの商品らしい。化粧品メーカー・伊勢半の「キスミー フェルム 紅筆リキッドルージュ」に、「使いやすい」「値段以上」といった絶賛の声が集まっている。 

昨年3月の発売直後から、@コスメのクチコミランキングで1位(リップライナー部門 2017年2~4月)を獲得するなど、人気が急上昇。一時は出荷が追い付かない色もあり、累計販売数は目標の166.5%(2017年3~10月)で進捗しているという。

興味深いことに、昨今化粧品会社が当たり前のように活用する「インフルエンサー」にはいっさい頼らなかったというのだが、どんな経緯で売れていったのだろうか。

知る人ぞ知る、口紅が強いブランド

この連載の一覧はこちら

同社は20ものブランドを抱えるが、稼ぎ頭といえば、マスカラが人気の「ヒロインメイク」。「いかなる時も完璧に美しく」というコピーとお姫様のアニメキャラがインパクト抜群なので、ご存じの方も多いのではないだろうか。

これに次ぐ同社の柱が、50~60歳代向けのメークアップブランド「キスミー フェルム」(以下、フェルム)だ。30年以上とキャリアは長く、主にドラッグストアで売られている。コーセー「エルシア」やカネボウ「メディア」など大手競合も少なくないが、長年売り上げを支えているのが「口紅」だ。落ちにくさや、他社にない色もそろう色展開が好評だという。

そんな口紅を得意とするフェルムが今回打ち出したのが、口紅の鮮やかな発色と、リップグロスのツヤ感を一本で享受できる「リキッドルージュ」。昨今人気がある質感だが、中でもフェルムが選ばれるのは、ニーズを徹底追求した品質にある。

次ページ8割もの女性が紅筆を使う事実に着目
関連記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。